スポンサードリンク

不登校について考える2

 子供の数は過去最低だが、特別支援級に所属する子の数は最大である。
 少しややこしいのだが、特別支援学校と特別支援学級がある。以下支援校と支援級。
 厳密に言うと違うのだが、ここでは便宜上同じにする。
 よく勘違いされるのだが、LDと知能障害は大きく違う。
 知能障害というのは、WISK検査などで、IQ70以下の子を言う。
 LDに関しては特別な定義はない。
 スピルバーグやトム・クルーズがLDであったことは有名である。特にトムはディスクレシア(難読症)であった。
 知的に全く障害はないのだが勉強にかんする能力が著しく低い。ので、支援級ではなく普通級に通う。イジメの対象になってしまうことも多々ある。
 単に勉強ができないのとは違う。たまに5点とかとって自分の子をLDだと疑う保護者の方がいるが、違う場合がほとんどである。
 この問題に関しては、本人や保護者が認めたがらない場合が多い。
 特に現在の小中学生の保護者は、バブル世代であることが多い。この世代は兎角に努力信仰家であることが多く、努力すれば必ず夢はかなうと信じている人間が多い。
 なので、子供に対して「お前の努力が足りないんだ」と言って詰め寄るパターンが多く、子供が精神的に壊れるパターンが非常に多い。
 ありのままの子供の姿がみえていないのだ。
 できたことをしっかり認めてあげる。それさえできれば、この型の子はうまくいくことがほとんどである。
 病気による不登校
 基本的には病気を治すしかないのだが、この型の子供たちもまた学力面での遅れが発生してしまう。ので、誰かが彼ら彼女らに教育を施さねばならない。
 が、この国の実情は厳しい。
 イギリスやアメリカにおいて、教育を受けさせないことは虐待である。
 多くの国は、「学校にいくこと」には重きを置いていない。ので、不登校に関するサポートは充実しているのである。
 この点において日本は、公も民間もまだ十分に整備されていないのが現状である。
 学校以外で教育を安価に受けられる手段。これがこの国には必要であろう。
 なんとなく不登校
 近年特に増えているような気がする。
 なんとなく行きたくなく、行ってしまえば何てことはない。という子である。特に理由が釈然としないのだが、なんとなく学校に行けないのである。
 ある日何事もなかったように学校に行き始める。
 よくも悪くも、不登校が市民権を得ているからこその現象なのかも知れない。
 不登校に関する問題において大きいのは、その負い目である。
 不登校=劣等種
 当人及び保護者の方にはその意識が強い。
 が、この型の子達にはそういった負い目はない。よく言えばリベラルである。
 不登校=悪という概念がなくなりつつあることは、ある面では非常にいいことだと思う。
 そろそろまた仕事に行く時間なので、続きはまた書こうと思う。

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト