スポンサードリンク

川は静かに流れ ジョン・ハート

 いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのジョン・ハートの、アメリカ探偵作家クラブ賞〈通称エドガー賞)最優秀長編賞受賞作。
 はっきり言って賛否両論だと思う。
 私はこの本を読んだ後2日間はやきもきしっぱなしだった。
 救いがない話である。
 好きか嫌いかと言われると、好きな部類ではある。
 それでも、ある登場上人物がクソすぎる。
 基本的に自分のことしか考えていない登場人物達。
 そこに巻き起こされる悲劇の数々。
 ある意味では底の浅い小説であると思う。
 それでも恐ろしい程に惹きこまれていく。なんとも言えない感覚であった。
 出来の悪い「武器よさらば」だと思えば悪くない。
 でもそこまで失いきれてない。
 色々な意味ですごく惜しかった。
 もう少しで傑作になりえたのに。
 そんな感想を抱く。
 色々書いたけど、値段分の価値は絶対にある。
 何も印象に残らない本が多い中で、この小説はいつまでも心の中に残っていると思う。

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト