スポンサードリンク

ミレニアム2 人戯れる女 上3

  ビュルマンと会っていた金髪の巨人は、オートクラブと言う名のマフィアにあっていた。
 巨人は国外で手に入れた薬物をマフィアに渡し、マフィアはその売上の一部を巨人に渡す。
 「臨時の仕事をたのみたいんだが」
 巨人はサランデルの写真をマフィアに渡す。
 その頃サランデルは恋人のミリアム・ウーといちゃついていた。その後、かつての雇い主であるアルマンスキーと出会い、恩人であるパルムグレンが生きているのを知る。
 一方ミカエルたちは詰めの作業に入っていた。買春者たちの中には、公安警察や裁判所の長官もいる。発売すれば一大センセーショナルを起こせるはずだ。
 しかし、一つ足りない。タグはたびたび出てくる「ザラ」という名が気になっていた。
 まるで幽霊のように出ては消える名前。神出鬼没のジョーカー。
 印刷までの期間を考慮するミカエルは乗り気ではないが、タグは「ザラ」を追うことを決意する。
 復活祭を翌週に控えた土曜日の晩、ミカエルは知人のパーティに参加していた。帰り道、信じられない光景を目の当たりにするのであった。
 
 

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト