スポンサードリンク

少年ジャンプ 2014年 11月24日号

 ついにNARUTOが終わった。
 最高の終わり方をしたんじゃないかと思う。
 少年ジャンプ連載の宿命として、好きな時に好きなように終われない、というのがある。
 過去で見ると、「スラムダンク」や「幽幽白書」なども変な終わり方をしているし、円満とは言えない終了も多い。
 徹底的アンケート主義であるが故に、人気があれば引き伸ばし、人気がなければ打ち切る。
 ナルトもこの数年はグダグダだった。誰と戦っているのかなんで戦っているのかよくわからなかったが、ようやく終了を迎えた。
 最終的にNARUTOは火影になれたし、サスケもなんとか改心したらしい。
 ナルトの子供がそっくりすぎて、昔こち亀にあった十年後のジャンプ表紙みたいで笑ってしまった。
 ルフィが海賊王になるのは随分先だろうが、NARUTOはめだたしめでたしである。
 ワンピースの方は最近面白い。
 なんでかと思ったら、ルフィが出てこないからである。
 昔からワンピースはルフィが出てこない方が面白い。
 銀魂ももうすぐ終わるのか、絵がとてもきれいで、話も面白い。
 それにしても今週、高杉が主人公みたいじゃないか。
 悪役かと思ったら実はいい奴でござった。
 
 

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト