スポンサードリンク

その女アレックス 救いのない者と救われた者の物語 ネタバレもあります。

71-TNtBpZbL逆転、慟哭、そして感動。2014年最高の話題作

⇒悲しみのイレーヌのレビューはこちら

久しぶりに本の紹介をします。
このブログは「本」のカテゴリに含まれるブログでした。。
さて、今少し後悔していることがあります。
それは、この本を夜中に読んではいけないということです。
気が付いたら朝になっており、興奮で眠れなくなっています。
私はあまり話題の本を話題になっている最中に読むことはないのですが、あまりの絶賛ぶりに思わず買ってしまいました。
感想としては、文句なしに傑作です。
でも、読むのに覚悟がいる本です。
とても悲しく、とても痛々しい物語。それが「この女アレックス」です。

読み終えた方へ101P以降の展開は誰にも話さないでください

帯に書いてあったコメントです。
一体101ページに何が書いてあるんだろう?
そう思いながら読んでいきました。
※当記事にはネタバレを含みます。
1ページ目を繰り、目次を見てみますと、この本が3部構成になっていることが分かります。
そういう小説は珍しくないのですが、この一冊に関しては趣が違います。

第一部 P11~P185

「アレックスはその店で過ごす時間が楽しくてたまらなかった」
という文章から始まるこの小説。
一つ一つの文章は短めで、読みやすいです。
序盤は、アレックスというとても美人な女性が街をブラブラしてしている様子が描かれます。
同時に、アレックスは見知らぬ男性につけまわされる描写が付け加えられ、その男に誘拐されます。
場面は変わり、カミーユ・ヴェルヴェーンという刑事の話になります。
身長は145㎝、母は著名な画家で、心に大きなトラウマを持つ刑事。
彼の妻イレーヌは、誘拐された上に惨殺されてしまったのでした。
それも母のアトリエで。
そこから立ち直れないまま、上司であるル・グエンは彼に誘拐事件の捜査を任せます。
初めは乗り気ではなかったカミーユも、誘拐された女性にイレーヌの影が重なり、もう二度と、誰にもあんな目に遭わせない、という強い決意で捜査に臨みますが、全く手がかりをつかめないまま日が過ぎていきます。
一方アレックスはとにかくひどい目に遭います。
裸にされ、暴行され、木箱に詰められ、その木箱はクレーンで宙に浮いたままにされます。
中世の拷問器具「少女」というものを模した拷問に逢い続けるアレックス。
一方カミーユは何の手がかりもつかめません。
人ひとりいなくなったのに、誰もそれに気が付かないなんてことがあるのか?

カミーユのこの疑問に、パリという大都市、ひいては世界中どこにでもある都会の無関心と孤独がよく表れています。
カミーユはまず被害者の身元を割り出そうとしますが、なかなかうまくいきません。
防犯カメラの映像を手掛かりに、目撃者の証言を手掛かりに、バスの運転手の証言を手掛かりに、捜査は一向に進まなかった。
一方のアレックスは限界に近づいていた。
「なんで私なの?」
時折来る誘拐犯に問いかけても、
「お前がくたばる所をみたいんだ」
としか言わない誘拐犯。
焦りの募ってくる思いに押しつぶされそうになるカミーユだったが、昔の部下であるルイ(とても大金もち)やアルマン(とてもケチ。新人にタバコやボールペンをたかるほど)の活躍もあり、被害者の身元よりも先に、誘拐犯の身元が割れる。
ジャン=ピエール=トラリュー
時を同じくして、アレックスも、誘拐犯がパスカル=トラリューの父親だと気づくのであった。
ここまでが、帯に記載されていた101ページまでの内容です。

その女アレックス (文春文庫)

新品価格
¥929から
(2015/1/3 06:29時点)


警察はトラリューの潜伏場所を探し出し、犯人を待ち伏せしますが、手違いからトラリューを取り逃がし、あまつさえ犯人の自殺を許してしまいます。
潜伏場所には女はおらず、手がかりも失われてしまいました。
一方のアレックスは、ほとんど動かないからだでネズミとの格闘を余儀なくされていました。
もうすぐ自分は死ぬ。
でも、死ぬ前にやり遂げなければならないことがある。
それまでは自分は絶対死なない。
被害者の発見に尽力するカミーユ達は、ある意外な事実に遭遇する。
ジャン=トラリューの息子であるパスカル=トラリューが行方不明になっている。
それと同時に浮かび上がる疑問。
ジャンはどうやって女の居場所を突き止めたのか?
警察が全力で捜査しているにも関わらず、その行方がまるでつかめない女の?
その疑問は解決されないまま、誘拐犯ジャン=トラリューの息子パスカルと、被害者の女性が交際していたという事実がう赤日上がる。
ただ、パスカルとその女性はお世辞にもつり合いが取れているとは言い難い、二人を知る者は皆口をそろえて言う。
その女性のことは誰も知らない。「ナタリー」という名前を除いては。
アレックスは血を流し過ぎていた。そのせいで、ネズミたちがどんどん寄ってくる。
カミーユはついに、パスカルの発見に成功する。
彼は後頭部を幾度となく殴打され、喉に硫酸を流し込まれた状態で発見された。
カミーユがさらに捜査を進めると、ベルナール・ガデーニという人物も、喉に硫酸を流し込まれて死んでいることが分かった。自殺として処理されていた。
更には、ステファン・マシアクという男も喉に硫酸を流し込まれて死んでいた。
カミーユは確信した、誘拐された女性は殺人犯であると。
それと同時に、カミーユの携帯に、女が見つかったとの連絡があった。
カミーユが到着してもまだ、廃屋の扉は固く閉ざされ、解体の最中だった。
カミーユは、小柄さを活かし、するすると中に入って行く。
そこには死骸があった。
女ではなく、ネズミの死体があった。
「少女」はバラバラになっており、女は既にいなかった。
警察はすぐに捜査網を広げたが、女が見つかることはなかった。

第一部はここで終わりました。
被害者だと思っていた人間が、実は加害者だったというのはそれほど例がないように思えます。
そして、全部を読み終えた感想としては、第一部は導入の部分であって、第二部こそが本編だったのだなぁと思います。
「そのアレックス」という題名は、よく考えられてつけられたのだなぁと感心しますね。
第二部になり、アレックスは次々に殺人を犯していきます。
それは、たまたま泊まったホテルの女主人だったり、よく行っているレストランの常連客だったり、逃亡先に向かう途中にヒッチハイクした運転手だったり。
警察がいくら調べてみても、被害者たちに共通点は見つかりません。
なぜアレックスは次々と人を殺していったのか?
この小説はミステリーの範疇に含まれるものであり、一般的には「ホワイダニット(WHY HAS DONE ITの略 動機に重きを置くミステリーの類型)」に含まれるものだと思います。
彼女はシリアルキラーでありサイコパスなのか?
アレックスが殺人をする描写は、見ていてとても痛々しいです。
硫酸を流し込まれる被害者は勿論ですが、加害者であるアレックスの方が痛々しいのです。
それは、こんな描写に表れています。
「アレックスはちびり、またちびりとウィスキーをなめながら、結局のところずいぶん泣いた。まだこんなに涙が残っていたのかと驚くくらい、いくらでも泣けた。
なぜならそれは、あまりにも孤独な夜だったから。」

彼女を追うカミーユもまた痛々しいです。
母が死に、妻が死に、父も死んだ。
妻の死から立ち直れないカミーユを、よくあらわした描写があります。
「あまりにも殺風景な光景だった。心のよりどころとなるものが何ものこされていない。悲しみを乗り越える為の支えが何もない。悲しみそのものが変わってしまっている。その時不意に、頭上から石でも落ちてきたかのように、あの凄惨な場面がよみがえってった。
イレーヌと胎児の死体……。
カミーユは、膝を折って泣き崩れた。」

この小説を「勧善懲悪」ものだという意見もあるようですが、果たしてそうでしょうか?
一体何が善で、何が悪なのか?
カミーユとアレックス、救われるのはどちらなのか、是非お読みになっていただきたい一冊です。

その女アレックス (文春文庫)

新品価格
¥929から
(2015/1/3 06:29時点)


とても悲しく、痛々しい物語。
まさに、master-piece という言葉がしっくりくる小説です。



管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト