2015年少年ジャンプ18号感想 ワンピース781話 銀魂535訓など ネタバレあり 

240x320xb46e20cffbbbe0682ae20cf3.jpg
 やっぱりローは死んでなかった!!
 ワンピースに関しては、昔から死ぬ死ぬ詐欺のような所があって、過去編を除くと白ひげ、エース、そしてツメゲリ部隊ぐらいしか死んでない。
 そのせいか、戦闘に緊迫感がない。
 バトル漫画において緊迫感は重要なファクターの一部であると思う。
 昔ドラゴンボールで、サイヤ人が来襲した時の緊迫感は半端なかった。
 ヤムチャは勿論、天津飯やピッコロも一瞬で死んでしまった。
 チャオズは一度ドラゴンボールで蘇っているのでドラゴンボールをもってしても生き返れない。
 圧倒的な絶望感があった。
 もっとも、ワンピースでも青キジや黄猿の絶望感はかなりのものがあったと思う。
 しかし、今のドフラミンゴ戦には全く緊張感がない。
 どうせルフィ勝つんでしょ?
 Green12_fax20141123134902500-thumb-260xauto-5732.jpg
 
 と言った感が否めない。
 その昔「アイシールド21」という漫画があった。
 途中まで結構面白かったのだが、神竜寺戦が終わってからの展開はひどかった。
 それまで主人公セナのいる泥門デビルバッツは弱小で、かなり負けていた。
 というか全然勝てなかった。
 ほとんどが素人同然のメンバーが、最強である神竜寺に勝つところにはカタルシスがあった。
 しかし、それ以降は「勝った」のではなく、「勝たされた」というような感じになった。
 今のワンピースもそれに近い。
 ここでルフィがドフラミンゴに本当に負けることがあったら見直すが、間違いなくルフィが勝つだろう。
 ドフラミンゴ、なかなかいい悪役だけになんだかもったいない。
 どうせなら、ドフラミンゴ+カイドウ+ビッグマムVSルフィ軍団ぐらいやって欲しい。
 ドン・クリーク戦でタカの目のミホークが出てきたぐらいのインパクトが必要だと思う。
 これじゃあただ惰性で続いている漫画だよ(><)
 
 齋木楠雄の安定感は半端ない。
 決して看板にはならないだろうが、これだけ安定してギャグを書けるのはすごい。
 ギャグ漫画は相当エネエルギーを使うらしい。
 昔「世紀末リーダー伝たけし」という漫画があって、あまりにもきつすぎて夜中自転車で土手を全力疾走したらしい。
 「すごいよマサルさん」だって、前半が嘘のように後半は失速した。
 いまや齋木楠雄は「クレヨンしんちゃん」レベルの安定感である。
 
 で、たけしの作者が今書いているのがトリコ
 トリコはまぁ、なんだか猿王が可哀そうだ。
 それ以外今週は特にないかな?
 銀魂はようやく本当の悪役と闘えそうな雰囲気である。
 思えばここまで長かった。
 こっちの方は、将軍に生きていて欲しいのだが、そうはいかないのだろう。

四月に発売されるゲームの最安値情報 ロデア・ザ・スカイソルジャー ゼノブレイド3DS ブレイブリーセカンド ゼノブレイドクロス パズドラマリオ

400x266xb11def1ee205066cf15616db.jpg
 もう3月も終わりですね。
 卒業の季節は終わり入学、就職、そんな桜の季節になる4月に発売されるゲームの中で、気になったものを勝手にピックアップ!!

ロデア・ザ・スカイソルジャー


 本や映画で有名な角川から発売されるゲーム。
 WiiU版と3DS版が同時に発売されるそうで。
 買おうかどうか迷っているソフト。
 でも、まだムジュラの仮面クリアしてないからなぁ。
 ちなみに、最安値で買えるショップは、3DS版は駿河屋(送料無料・税込)
 
⇒駿河屋


 
 
 参考:楽天ブックスの価格↓
【楽天ブックスならいつでも送料無料】ロデア・ザ・スカイソルジャー 3DS版
 WiiU版はアマゾンが特典つきでお得ですな。
 
⇒アマゾン


 参考:楽天ブックス↓
 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【初回同梱特典付き】ロデア・ザ・スカイソルジャー Wii U版

ゼノブレイド3DS

 
 史上最高のRPGが3DSに帰ってきた!!
 クロノトリガー、FF4,5,6、聖剣伝説LOM、ロマンシングサガ、そしてゼノブレイドって感じですね!!
 詳しくはこっちにまとめてみました「ゼノブレイドの魅力
 未完成この上ないホームページですけど…
 *new3ds専用なので注意しましょう。
 最安値は駿河屋ですが、特典である「オリジナルサウンドトラック」が確実につくことを考えるとアマゾンでの予約が一番ですね!!
 
⇒アマゾンでの予約


 欲しいけど、New3ds持ってない…
 
⇒New3DSLL


 

ブレイブリーセカンド エンドレイヤー

 
 今月はPS4の天下でしたが、来月はWiiUと3DSが熱いですね!!
 なんだかんだで不評続きのスクエニですが、これは期待が出来そうですね!!
 最安値は、特典のない通常版は駿河屋が最もお得で、アマゾンは特典が豪華ですね。
 
⇒駿河屋


 
⇒アマゾン


 やりたいけど、既に別のゲームを予約してしまった…

ゼノブレイドクロス

 本命中の本命中の本命
 楽しみすぎてホームページまで作ってしまった…
 ⇒ゼノブレイドクロス最安値.jp
 詳しいことはそちらにゆずるとして、プレイ時間は200時間以上を想定しているらしいので、これ以外はやっている暇はなさそうですね。
 てか、ちゃんとクリアできるか心配…
 前作ゼノブレイド以上の作りこみの良さと聞いて即予約しましたが、さまざまなショップで売り切れているのを見るにつけ、正解だったようです。
 WiiUセットは発売一か月以上前に売り切れ。
 このゲームの為だけにWiiUを買うのは、私だけではなかったようだ!!
 

パズドラマリオ

 
 パズル&ドラゴン通称パズドラとマリオがコラボした!!
 まぁ、パズドラやったことないんですけどね。
 既に売り切れのショップが出てるみたいですね。
 【04/29発売☆予約】[100円便OK]【新品】【3DS】PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION (…
 最安値は駿河屋なんですけど、やっぱりアマゾンにはお得な特典がつくみたいです。
 
⇒駿河屋


 
 
⇒アマゾン

 
 総評:ゼノブレイドクロスが楽しみすぎる!!!

2015年少年ジャンプ17号 ローが死んだ!? ワンピース780話 銀魂534訓など ネタバレあり 

snowboarding.jpg
 やっと始まったドフラミンゴとの戦い。
 圧倒的に麦わら一味が有利かと思いきや、なんだか風向きが変わってきたようである。
 まずはトレーボルとドフラミンゴという二人相手にルフィは一人。
 次に、なにやら鳥かごが小さくなってきている模様。
 そして、ローが死にそうな模様。
 ドフラミンゴの話によれば、ローの「ハート」には意味があるらしい。
 エースは「スペードの海賊団」だったけど、何か関連性はあるのだろうか?
 ローは三井住友ヴィザカードとコラボしているし、死なないんじゃなかろうかと思う。
 現代で死んだのはエースと白ひげぐらいだしね。
 てか、ローの仲間のシロクマとか巨人はいずこに?
 ドフラミンゴのいう通り、ベラミーなんぞワンパンで倒しておけば、ローもこんなにひどい目に遭わなかっただろうに。
 相変わらず今のルフィに好感が持てない。
 お前は仲間が第一なんじゃないのか?
 白ひげは愚かだったが、確実に仲間思いだった。
 結果として多くの仲間を犠牲にした感はあるが、第一プライオリティに仲間の存在があるし、乗組員も皆それを知っていた。
 ルフィはどうだろうか?
 幾度なく仲間を危機的な状況に陥れ、そのたびにレイリーさんやらじんべえやらに助けてもらってる。
 「俺は仲間がいないと何もできねぇ」
 かつてのルフィの言葉は心に響いた。
 ナミを助ける時も、ウソップを助ける時も、ルフィには漢気があった。
 今のルフィはどうだろう?
 半端に敵に同情し、仲間を死にかけまで追い詰める。
 仮にも船長なのに、その判断ミスはないんじゃないか?
 連載が長くなると、主人公を無理に持ち上げようとして逆に主人公に嫌悪感をもつようになるが(海皇記とか)、
 ルフィもそんな感じ。
 ルフィを叱りつける大人の存在がやはり必要だよな。
 まるで成長していないルフィ。
 兄貴も死んでしまったのだし、そろそろ精神的に成長して欲しいと思う。
 
 
⇒ワンピース海賊無双3


 PS系持っていない…
 
 今週は斎木楠雄が面白かった。
 この作者は本当に成長した。
 「勇者学」の前にやっていた読み切りはとても面白かったので、光物は前々からあったのだが、いまや抜群の安定感を誇るようになった。
 特にテニス部のくだりは面白かった。
 トリコは、やっぱり猿王が強かった。
 あのブルーニトロはどうなったのだろう?
 目的は何だったのだろう?
 思えば、この作者も長い。
 途中色々あったが、これだけ長い期間漫画を描き続けるのは並大抵のことではないと思う。
 
 暗殺教室は面白かった。
 思えば彼は男だったのだな。
 なぜかアニメや実写でジャニーズとつるむらしいが、どうなんだろう?
 過去ジャニーズで実写化した映画と言えば、
 「忍者ハットリくん」
 「地獄先生ぬ~べ~」
 「花より男子」
 「山田太郎物語」
 うぅむ。
 感想を書いたブログやツイッターを見ると映画はおおむね好評見たいですね。
 まぁジャニーズの話はおいておいて、この漫画は展開が早いから助かる。
 ワンピースにも見習ってほしいと思う。
 こういうのは不思議な力学が働いて、人気が出るまではスピーディな展開で、人気が出ると途端に展開が遅くなる。
 きっと色々なしがらみとか増えてくるんだろうなぁ。
 銀魂
 
 今週も面白かったですね。
 山崎がいい味出し過ぎ、
 エリザベスが出てくる瞬間は、シリアスなのかギャグなのかわからなかった。
 これがシリアスな笑いという奴か!!
 沖田が神楽を助けるシーンには、なんとも言えない何かがあった。
 万屋・攘夷志士・真選組
 完全にオールスター登場ですがな。
 ここに高杉達も加わるのだろうか?
 雰囲気もいつもの銀魂に戻ってきた。
 これだけ連載が長いのに、未だ面白い漫画を描き続けられるのはやはりすごいよ。
 

聖剣伝説Legend of Mana(レジェンドオブマナ)はクソゲーか? それとも…

61o9e42ADBL
 結論から言うと、最高の神ゲーです。
ここ最近の疲れが出ていたのか、日中8時間も寝てしまいました。
そして恐ろしく長い夢を見ていました。
一人の女性と出会い、恋におち、さまざまな障害を乗り越え、子供が出来、やっと結ばれると思ったら、
世界が滅亡する

という絶望的な内容で、現在憂鬱この上ない気分でおります。
まるで「武器よさらば」みたいな展開ですね。

聖剣伝説LOMを初めてクリアした時、本当に絶望的な気持ちだったのを思い出します。
まだ去年の話なのですが。
かなり性質の悪い病気になってしまい、ほとんど身動きさえ出来ない状態でやったゲーム、それがレジェンドオブマナでした。

初めてやった時はクソゲーだと思った。

初めてこのゲームをやったのは、もう10年以上も前のことだったと思います。
まだ大学生だった時、当時やってたバイト先の仲間からタダでもらった記憶があります。
その仲間もおまけでもらったらしく、期待しないでそのままやってみました。
その時の感想は、
音楽だけはやたらいいけどクソゲー
というものでした。
この時はまだ、下村陽子さんの名前さえ知りませんでしたからね。
下村陽子さんは「ゼノブレイド」の音楽も担当されている方で、私がゼノブレイドをやろうと思ったのも、下村さんが音楽を担当されていたからだったりします。
神音楽の連続です。

で、話を聖剣伝説の話に戻しますと、ストーリーがどんどん先に行ってしまって、完全においてけぼりにされてしまったんですよね。
色々な登場人物が出てきてはワーワー言っているんですけど、何を言っているのかわからないかったんです。
抽象度が全体的に高めなんですよね。
世界観もいまいちよくわからなかったし。
で、途中でどこに行けばいいのかわからなくなって自然とフェードアウト。
そういう人、かなり多かったと思います。
音楽だけのクソゲー、そんな認識でずっといました。

クソゲーから神ゲーへ

もう一回やろうと思ったきっかけは、ニコニコ動画かなんかで、ゲーム音楽傑作選みたいなのを聞いていた時にLOMの音楽が流れて、誰かが神ゲーだったというコメントを書いていたからだったと思います。
探したらあったので、やってみました。

聖剣伝説レジェンドオブマナの世界観

 

最初にマナの木が出てきてセリフを発するんですが、ここが一番重要な点だったんですよね。
主人公は夢を見るんです。
巨大なマナの木がメッセージを発する夢を。
マナの木のメッセージを要約すると、
「人々は力の源泉であるマナを求めて1000年近くも争い続けた。その結果、誰もがマナを捨ててしまった。マナとは愛のこと。人々は愛を忘れてしまった」
と言った感じになります。
抽象度が高いので、見る人によっては解釈が変わるかも知れません。
いづれにせよ、「誰もが愛を忘れた世界」が聖剣伝説レジェンドオブマナの世界なんですね。
それを認識していないと、ただただ勝手な連中が勝手している話になってしまうですね。

 

主要ストーリーは三つある

 

ドラクエでもFFでも自由度の高いサガであっても、基本のストーリーラインは一つです。
が、聖剣伝説LOMの基本ストーリーは3つあります。
そしてこの三つは連動せず、しかも入り組んで発生するので、ストーリーラインが追いにくいんですね。
というより、3つのストーリーがあるということを知らないと訳が分からなくなります。
それら3つのストーリーとは関連性のないサブストーリーも沢山あるため、人間関係がよくわからなくなるんですね。
登場人物はこんな感じの亜人種が沢山出てきます。

基本ストーリーは、「ドラゴンキラー編」「エスカデ編」「宝石泥棒編」の三つです。その他にも「ニキータ編」「七賢人編」「海賊編」「カペラとディドル編」「魔法学園編」「ギルバード編」など、様々なストーリーラインがあります。
一見無関係な話の集まりなんですが、どこかで少しづつ関連があったりするんですね。

 

主人公の立場は?

 

これは難しい所です。
主人公は世界で唯一の「アーティファクト使い」です。
アーティファクト使いだけが唯一世界の地図を描けます。
他のRPGと違い、街やフィールドがあって、そこを目指して、という訳ではなく、
マップは自分で作ります。
ランドメイクシステムと言いまして、アーティファクトをマップ上に置くと、街やダンジョンが出現するんです。
そしてその町やダンジョンに行くと様々なイベントが発生する。
それは「宝石泥棒編」かも知れませんし、「エスカデ編」かも知れない。
行ってみないとわからない訳ですね。

 

武器は8種類 しかもオリジナルが作れる

 

剣や斧など、8種類の武器があり、自分で作れます。
この武器作成システムは、醍醐味でもあり、最も難しい部類でもあります。
2週目以降はハードモードやヘルモードを選べる関係もあり、武器を強くする必要があるのですが、未だによく強化方法が分からないです。
良くも悪くも不親切なのがこのゲームですね。
それは同時に、奥の深さでもあります。

 

宝石泥棒編が一番人気

 

3つのストーリーラインの中で、プレイヤーが最初に遭遇するのが「宝石泥棒編」でしょう。
ネタバレを避けながら基本的なストーリーラインを話ます。
この世界には「珠魅」と呼ばれる種族がいます。
珠魅とは鉱物である宝石に魂が宿った者とされ、古代には珠魅狩りが横行したことがあります。
珠魅には核があり、その核が傷つかない限り死にませんし、年も取りませんが、核が抜き取られるか壊れるかすると死んでしまいます。
核が傷ついた場合は、涙石とよばれる「姫」の役割を持った珠魅が流す涙で回復できます。
珠魅には騎士と姫がおり、騎士は闘い、姫は癒す役割です。
ただ、いつの頃からか涙を流せる珠魅はたった一人を除いていなくなり、珠魅の為に涙をするものは石になるという言い伝えまであるほどです。
ただ、その一人である蛍姫がいればいくらでも再生が可能であるため、珠魅の最高指導者であるディアナは、不死皇帝と言われる不死身の軍隊に戦争を仕掛けました。

彼女1人を犠牲にしてする勝利に意味があるのだろうか?
珠魅もまた、争いによって愛を亡くした種族と言えるでしょう。
「宝石泥棒編」は、最初に行ける街である「ドミナの街」で最も若い珠魅である「瑠璃」に逢う所から始まります。
珠魅達が愛を取り戻すシーンは何度見ても泣けます。
主人公の「ただいま」は、涙なしには語れませんね。

今まで一度もしゃべらなかった主人公が発するからこその重みがあると言えます。
ゲーム史上最高の音楽と名高い「滅びし煌めき都市」とは、かつて珠魅達が住んでいた街の名前です。

 

 

ちなみに、先に出てきた「不死皇帝」とは、「ドラゴンキラー編」で闘います。

名前の通り死んでも死んでも蘇ります。

本当は不死皇帝編が予定されていたらしいですが、容量の関係で削ってしまったらしいです。

セイレーンの話にその名残が残っていますね。ドラゴンキラー編と宝石泥棒編は不死皇帝を軸にしてつながっていたり、一見無関係に見える物語の断片も、どこかではつながっていたりするのも魅力の一つだと言えますね。

そういった話の数々が削られてしまったのは、もったいないなぁと思う反面レジェンドオブマナは極限以上に要素を削ったが故に名作になった面もあると思います。

傑作は付け足すことではなく削ることで生まれる。

 

それを信じるだけでいい。
キミのイメ-ジが力になる。
キミの言葉が世界になる。
信じるだけでいい。

ポキールの言う言葉はこの物語の本質を常に表していますね。
ちなみに、 レジェンドオブマナは現在PS3とPSVITAのゲームアーブスでできます。

 

⇒PSVITA


⇒パッケージ版はこちら



⇒PS2

 

壊れたおもちゃたちに見る戦争の悲惨さ

 

レジェンドオブマナの世界はかつて起きた大戦乱の後の物語になります。

人々はみな長き争いの後にマナの源である愛を忘れてしまいました。

その象徴の1つとも言えるのがゴミ山にいる壊れたおもちゃたちです。

 

木馬  「助けて!助けて!って、誰かが泣いてた。 

      でもボクは見て見ぬフリをしたんだ。

      それが戦場なんだ! って自分に言い聞かせてね・・・・・」

 

木馬  「苦しいよ・・・・ 勝って、負けて、そしてまた勝って、 戦うことしかできなかった。

       苦しいよ、苦しくてたまらないよ!」
クマ  「ほら、ココを見なよ。そこじゃない。 このキズだって。 これが、オレの心の支え!」
人形  「眠くなってきた・・・・ 次に生を受ける時・・・・ ボクは何に生まれ変われるだろう・・・・・」

 

ゴミ山にいるおもちゃたちはかつて人間が妖精たちとの戦いの際に作り出した者たちで、文字通りの道具でした。

心を持った人形たちであったがゆえに戦っている最中も苦しみ、生き残っても苦しんでしまう。

物語中では少なくとも、人形たちに救いがあるようには見えませんでした。

でも、ゴミ山の人形たちは本当に救われないのでしょうか?

 

マナの復活

 

長い戦乱の果てに、人々はマナの力を恐れるようになります。
世界で唯一のアーティファクト使いである主人公のもとに、ある時(基本ストーリーのうち1つでもクリアした時)七賢人の一人であるポキールが訪れます。
ポキールはマナの復活を促しますが、最強の魔術師であるヌヌザックはそれに反対します。
ヌヌザックはかつての戦乱で多くを失っており、人類の愚かさを嫌という程目の当たりにしてきました。

思えば、レジェンドオブマナで起こる戦いも「愛」によるものが多かったと言えます。

ドラゴンキラー編は弟の姉に対する愛をティアマトが利用したとも言えますし、宝石泥棒編も愛を忘れた珠魅達への愛を捨てきれない者の憎しみと種族そのもへの愛が暴走した結果とも言えます。

エスカデ編は言わずもがなエスカデの自己愛とマチルダの愛が生み出した惨劇とも言えるでしょう。

世界が愛で満たされれば、再び世界は争いを始めるようになる。

ヌヌザックはかつての大戦で力を使い過ぎてしまい魔法陣の中にとじ込まれてしまい、それを自らの罪として受け入れている節があります。

彼もゴミ山のおもちゃたち同様、利用され、戦わされ、生き延びて、これ以上傷つきたくないほど傷ついていたのでしょう。

「しかし、誰よりも豊かになりたいと思う者は、人を傷つけ、その人の物を奪うでしょう。
心の平穏とは、何も望まぬことにあると信じます。マナの木は、無用のものです。今、この世界にある物だけで人の生きていく糧は、充分足りております。」
マナ(愛)の復活を阻止しようとするヌヌザックに、ポキールは言います。

「人の愚かさばかり見る、君の人生に光明はあったかい? 君がそうしたいというなら、僕はそれを歓迎するよ」

 

2018年2月15日に聖剣伝説2がリメイクされるそうです。

聖剣伝説2シークレットオブマナが最安値で予約できるショップはどこだ?管理人の思い出も少し語る

2015年 少年ジャンプ16号  銀魂533訓 暗殺教室131話 ワンピース…

009.png
 ワンピースがない。
 まるで牛丼のない吉野家のようだ。
 やはり少年ジャンプ=ワンピースなのだ。
 たとえどんなにつまらなくとも、やはりジャンプの看板はワンピース。
 NARUTOが終わってからジャンプに興味のなくなった人間は沢山いると思う。
 なんだかんだでNARUTOは人気があった。
 私にとってのドラゴンボールが、今の中学生あたりのNARUTOなのだろう。
 その気持ちはよくわかる。
 ワンピースが終わったら、流石に少年ジャンプに興味がなくなるだろう。
 ハンターハンターもやってないし。
 そもそももはやとっくに少年じゃない。
 ワンピースが始まった時、確実に私は少年だった。
 航海の先に何が待ち受けているのか、毎週楽しみだった。
 どれだけ先の展開を予想しても、絶対に作者はそれを超えていてくれた。
 いつからだろう、まるで惰性のようになってしまったのは…
 その点、暗殺教室は常に予想の斜め上を行こうとしている。
 この漫画がこの先どんな展開になるか、誰も予想がつかない。
 いい意味での裏切りが期待できるのは、いまやワンピースではなく暗殺教室だ。
 
 銀魂は、今のシリーズが終わったら終わるのかも知れない。
 世界観が壊れてしまうのなら、その方がいさぎいいかも知れない。
 漫画を描き続けるというのは、傍目で見ているよりはるかに厳しいことなのだと思う。
 手塚治虫、藤子不二雄、大御所は皆短命である。
 漫画とは、漫画家の命の結晶なのだろう。

無料であなたの英語力を飛躍的に高めてくれるサイト4選

DX9n3xs7FBe9N6y1422628316_1422628416.jpg
日本人の永遠のコンプレックスである英語
学校、ビジネスシーン、いまや英語がどれだけできるかで人生が決まると言っても過言ではない現代社会において、
無料で使えてあなたの英語力を高めてくれるサイトを一挙大公開!!

無料ではないですが、月額980円(税抜き)で英語が学べるスタディサプリENGLISHについてはこちらの記事をご覧ください

 

タンゴリキ

2015y03m15d_213555209.jpg
ホームページの見かけは地味ですが、実はとてつもなく使えるサイトです。
個人的な意見ですが、英語学習においてもっとも重要なのは、文法力や読解力ではなく、
単語力(ボキャブラリー)だと思っています。
単語わからなかったら英語わからないですよ。。
で、その単語力を飛躍的に高めてくれるのがこのサイトなんですね。
レベルに応じて毎回テスト形式で10問の問題がでます。
このサイトのすごい所は、間違えた問題を単語帳に登録できるということ。
自動的に自分の苦手な単語が効率よくつぶせるようになるんですね。
初級レベルから英語ペラペラレベルまでの単語8000語を無理なく習得できるすごいサイトです。
本来、これぐらいの情報量なら10000円ぐらいの価値は余裕でありますね。
タンゴリキ

ゴガクル

2015y03m15d_220224946.jpg

NHK英会話で出てきた表現を取り上げているサイトです。
一つの英文を、音声で再生し、英語から日本語にし、日本語から英語にし、詳しい解説まで載っているサイト。
かなりの効率のよさで英語学習ができますね♪
ゴガクル

簡単な会話

2015y03m15d_214814360.jpg
これまた地味なサイトなのですが、簡単なセンテンスが多数載っており、これだけ覚えておけばとりあえずは大丈夫!! と言った感じの文章が載っています。
英会話初心者はまずこれらのセンテンスを覚える所から始めるのがよいと思われます。
Short easy dialog

ESLラボ

2015y03m15d_215732449.jpg
TOIECにおけるリスニング対策に最適なサイト。
少し短めの1分ぐらいの文章から、少し長めの4~5分程のセンテンスまでの問題が載っています。
スコアアップに最適ですね!!
ESLラボ
Let’s enjoy your English!!!

進撃の巨人第67話 オルブド区外壁 ネタバレあり

l201302181400
別冊マガジンと少年ジャンプの発売日が重なるとことである。
普段から滞り気味のブログを日に二度更新せねばならなくなる。
これらを更新しなくなったとき、このブログは死んでしまうような気さえする。
それはさておき、
ハンジさん生きてた!!!
恐ろしく死亡率の高い調査兵団で、今も生きているハンジさん。
いまだに男だか女だかわからないハンジさん。
死にそうになっているハンジさんを見て「大事には至っていないようだな」というエルヴィンもなかなか(^^;)
それにしても、ヒストリアは完全なヒロインになってしまった。
少年漫画においてキャラクターの成長は醍醐味の一つだが、それにしてもヒストリアの成長ぐらいはすごい。
ダイの大冒険に出てくるポップ並の成長である。
エレンはヒストリアがいなかったら死んでいたし、再起不能になっていただろう。
彼女がここまでの重要人物になると、一体誰が予測しただろうか?
思えば、進撃ほど先の展開が読めない漫画も少ない。
アニが巨人だと、ライナーベルトルトが巨人だと、一体誰が読めただろうか?
そして、ユミルは無事だろうか?
ヒストリアが大きく成長したのは、ユミルの存在が大きい。
エレン・ミカサ・アルミンは表の主人公。
ライナー・ベルトルト・アニは裏の主人公。
ヒストリアとユミルは一体どういう位置づけなのだろう?
ユミルと言う名は北欧神話にでてくる「ユミル」からとられているのだろう。
ユミルというのは北欧神話においては巨人を生み出した存在であり、最高神3神(オーディン・ヴィリ・ヴェー)はユミルを解体して世界を作ったという。
さらにはユミルの語源は「Ymir」とあらわされ、サンスクリッド語では「ヤマ」と発音される。
「ヤマ」とは閻魔大王のことなんだそうで。
いずれにせよ、これからの展開において重要な存在であるのは間違いがないであろう。
に、してもようやく地下室の秘密が明かされる日がきたようである。
グリシャはエレンに「帰ってきたら地下室を見せてやろう」と言っていた。
ここで疑問なのは、グリシャは本当に帰ってくる来る気があったのか? という点だ。
グリシャは超大型巨人とヨロイの巨人の襲来を知っていたのであろうか?
時系列的にみると、グリシャのレイス家襲撃はライナー達の強襲のすぐ後であろう。
偶然この大きな事件は近しい日時に起きたのだろうか?
必然ではあるが、グリシャは知らなかったとみるのが筋が通る。
なにせ、ライナー達の襲撃を知っていたのなら、妻と子供をおいて内地になど行かないだろうからだ。
そもそもグリシャイエーガーがどこから来たのだろう?
元々壁の中にいたのか、壁の外から来たのか?
どうして巨人になれる薬を持っていたのか?
もうすぐわかるのだろうか?
に、してもサシャが朝飯食べないなんて…
そして、ケニーはどこ行った?

2015年 少年ジャンプ15号 ワンピース779話 最期のケンカ 銀魂532訓 暗殺教室130話

2015y02m25d_233535025.jpg
 ワンピースに覇気の設定は必要だったのだろうか?
 ドラゴンボールの「気」やハンターハンターの「念」と違って、なんというか、戦闘への味付けになっていない。
 「気」や「念」もおかしな所は多々あったのだが、スターウォーズの「フォース」よろしく、
 なんだか自分にも出来るんじゃないか?と思わせるような何かがあった。
 だが、覇気は覇気笑みたいになっている。
 ワンピースは元々バトルが中心という訳ではないのだろうが、やはり戦闘が面白くない。
 VSクロコダイルやVSロブ・ルッチなんかはよかったのだが、
 いつの頃からか、楽勝か惨敗かになってしまった。
 やはり悪魔の実の設定が軽くなってしまっていることが原因だろうか?
 海賊なのに海の上で闘わないから、悪魔の実のデメリットはなくなってしまった。
 覇気の登場で悪魔の実のメリットがなくなってしまった。
 なんでもかんでも覇気があればいいみたいになっている。
 そして残念ながらベラミーには同情する気にはなれないし、
 ルフィがなんで怒っているのかよくわからない。
 ハチの時も思ったのだが、奴らは昔酷いことをやっている。
 関係な奴から金塊うばったり、小さな女の子誘拐したり。
 そういったことが全てなくなっているようなルフィの言動には疑問符がつく。
 まぁ、それ言ったらビビも昔クジラ食べようとしてたか。
 それにしても、こんな状態なのになんでドフラミンゴは余裕なんだ?
 味方はほぼ全滅、海軍大将に革命軍ナンバー2に麦わら海賊団に国民が皆牙をむいている状態。
 
 銀魂は一気に空気がいつもの空気になってきた。
 完全にギャグキャラと化しているが、桂の存在感はすごい。
 思えば、彼も目の前で大事な恩師を亡くしている。
 銀時や高杉ほどじゃないにせよ、かなり心は傷ついているはずだ。
 だが、銀時も含め、買える場所があるというのはいい。
 機動戦士ガンダムも最後はアムロが帰るべき所に還る訳で、
 るろうに剣心も志士雄との戦いの後のただいまがよかった。
 あそこで終わっていれば最高の漫画だっただろうに…
 
 「ただいま」と言えば、「聖剣伝説 レジェンド・オブ・マナ」というゲームの
 宝石泥棒編の最後に主人公が「ただいま」というシーンは泣けた。
 今までしゃべらなかった主人公が、あとにも先にも発する一言が「ただいま」
 あのシーンで泣かなかった人間の方が稀ではなかろうか?
 
 レジェンドオブマナは始めこそ意味不明なゲームだったが、しっかりとやればこれ以上ないほどの神ゲーである。
 PSPとPS3のゲームアーカイブかふつうのプレイステーションで出来るので、やったことのない人は是非やってほしい。
 どこかで「聖剣伝説LOM」について書きたいと思う。
 ちなみに、上にある「滅びし煌めき都市」を作曲したのは下村陽子さんといって、「ゼノブレイド」の作曲も手がけているすごいお人である。
 残念ながらゼノブレイドクロスの作曲には参加なされていないようだが、代わりに澤野弘之さんというアニメ進撃の巨人の作曲を担当した人が作曲するそうである。
 楽しみでしかたがない。
 それはさておき、普段ハッピーエンドを期待しない私までが、銀魂のハッピーエンドを願っている。
 銀魂は唯一、漫画史上ギャグとシリアスを融合させた漫画である。
 あの鳥山明でさえできなかったことを成し遂げた空知という漫画家には敬意を表したいと思う。
 
 おれはようやく真選組になれたよ!!
 暗殺教室はようたく殺せんせーの誕生の秘密が明らかになるようだ。
 それにしても、この作者は成長した。
 漫画家というのは成長するというより消耗する職業なのだと思うが、こちらもやはり敬意を表したい。
 漫画を描くと言うことは、我々が思っているよりもはるかにしんどいことなのだと思う。

楽しみすぎる!! ゼノブレイドクロスの最新情報が更新された!!

91Qj0PCj4QL__AA1500_.jpg
 興味のない人ごめんなさいのコーナー
 楽しみなもので。
 発売は4月29日だというのに、既に予約終了しているショップ多数の「ゼノブレイドクロス
 通常版最安値だった駿河屋とWiiUセット最安値だったノジマオンラインでも売り切れてしまい、
 事実上アマゾンの独占みたいになってますね。
 やっぱり外資は強いや(--:)
 まぁ、それはさておき最新情報が公開されましたね。
 今回は「バトル編」だそうです。
 
 
 シュワちゃんの声だ!!!
 というのは別にして、やっぱり面白そうだ。
 前作「ゼノブレイド」は史上最高のRPGの一つと言っても過言ではない出来でしたが、今回は更に上を行ってくれそうですね!!
 私みたいにこのソフトの為にWiiUを買う人も結構いることが、WiiUパックの売れ行きを見るとよくわかります。
 なんというか、ゲームの制作って、大変そうだけど夢があっていいなぁ。
 
⇒通常版最安値はこちら


 
 
⇒WiiUパック特典つきはこちら



⇒ゼノブレイド3DSはこちら

今こそ売り時だ!!! 素人が思う売り時

5421697009_cc659fc178_z.jpg
 最近の悪循環の流れの原因は、アクセス数があがってきて、1記事にかける時間が増えたことが原因だ。
 最高の才能とは、モチベーションを保ち続けられる才能だ!!
 
 というのは将棋の羽生さんの言葉だが、実際にこのブログ面白いなと思っても、途中で更新が止まっていて残念な思いをしたことがあるのは私だけではないでしょう。
 ただ、こうやって書いていると、色々とモチベーションが下がってくる。
 変なサイバー攻撃は受けるし…
 それはさておき、一記事にかける時間が多くなると、ブログは更新しにくくなる。
 下手するとアクセス数が上がらない以上に更新したくなくなる。
 なにせ、それなりのブログを書こうとするとそれなりに時間がかかる。
 訪問者の役に立つ記事を書こうと思ったら、それなりの質と量が求められる。
 その分アクセス数は増えるのだが、内容の薄いコンテンツを投稿して検索順位下がるんじゃないかとか、色々考えてしまったり。
 段々と苦痛にさえなってくる上に、よく考えたらブログ更新しなくても生活に影響がないことに気づく。
 そもそも、こうやって何か書いていても、実は会社にバレてるんじゃないか?とか考えると結構怖い。
 ので、ここは原点に戻っていい加減に書いていく。
 「いい加減」
 今入力して思ったのだが、これは「良い加減」なのだな。
 ということで本日はこのブログの中でも特に人気の低い私の投資について書きたいと思う。
 ほとんどアクセスのなかったこの記事でも触れましたけど、グーグルの株に投資をしていました
 過去形なのは、昨日売ったからです。
 以前の記事を書いた時は大体540ドルを少し超えたあたり。
 昨日の株価はというと、
 2015y03m04d_230102425.jpg 
 503ドルで購入した株が570ドルになってたぜ!!!
 今回は売りました。
 グーグルに限らず、今が売り時だと思ったからです。
 持っていた日本株も半分以上売りました。
 その他の金融サービスも今週中にほとんど売ろうかと思います。
 理由は、
 勘です!!
 素人なんですから、勘以外ないですよ。
 多分、これからもう少し株価自体は上がるんじゃないかなと思っています。
 そして、そう思ったら私は売るようにしています。
 大概、上がりそうだと思ったら上がらないものです。
 名人の天井知らず
 
 これは至言ですよね。
 「安く買って高く売ればいいじゃん!」
 こう思ってやって株で利益を出せた人間っているんでしょうか?
 これがほとんどの人間にはできないんですよ!!
 だって、今の株価が安いか高いか、誰が判断できるんです?
 理屈で言えば、下がる前が一番高い、すなわち天井なんです。
 でも、名人は天井では売らないんですね。
 だって、どんな名人でも天井なんて知らないんですから。
 だから、私はもう少し上がりそうだと思ったら売るようにしています。
 そして、もう少し下がりそうだと思った時に買うようにしています。
 底値で買って天井で売る。
 理論的には一番儲かりそうですが、多分絶対に儲からないと思います。
 東大とハーバードを出て日本語・中国語・英語がペラペラでテストはずっと一番で、高校生クイズに優勝できるような頭を持ったような連中の集団がそれを読み間違えて倒産するんです
 一般人ならなおのことです。
 それに、今世界経済の景気が良すぎるんですよね。
 アメリカの雇用調整やら日経平均やら。
 不景気の後には好景気がきてまた不景気がくる
 今の上昇相場は長くは続かないと思います。
 いつまで続くかなんて、趣味でやっている私にはわからないので、一度ここで撤退しようと思います。
 こうやって書くと、儲けやがってと思うかも知れませんが、病気の影響で年収は50万以上落ちているんですよ(;;)
 世の中のブログで一番人気なのは借金奮闘記と株で大損した日記。
 思えば、私も日本ブログ村でのお気に入りにそういう日記が多いですね…