スポンサードリンク

格安スマホ 通話で決めるならY!mobileで決まり!!

mobile-payment

正直言って、何がなんだかよくわからない「格安スマホ」

ドコモやauのスマホは高いから乗り換えたいけど、「格安スマホ」のことはよくわからない。誰に聞けばいいのかもわからない。

まぁ、私がそうなんですが。。

という訳で、格安スマホについて調べているので、ついでに記事にしてしまえ!!

格安スマホがどんな仕組みになっているかは前回の記事に任せるとして、今回は「Y!mobile」について調べてみました。

「Y!mobile」って何の会社やねん? どこの会社やねん? という方もおられると思いますので軽く沿革をご紹介。

さかのぼること1年ほど前、携帯電話サービスのイーモバイルなどを行っていた会社であるイーアクセス株式会社が、PHPサービスを行っていたウィルコムを買収した際に、社名をワイモバイルにしたんですね。

イーアクセスという会社はソフトバンクの子会社で、ヤフーがソフトバンクから株式を買収すると発表したものの、最終的にとりやめて業務提携をしたことから、ヤフーの「Y]をとって「Y!mobile」にしたんだそうです。

で、実際にホームページを見てみると、恐ろしい程分かり難い。

 

わざとなんじゃないか? ってぐらい分かり難い。

必要な情報だけを抜き取ってみると、Y!mobileのSIMカードを使うと、番号はそのまま、通信も快適で、音声電話もかけられるということになりますね。

なんだふつうじゃんと思うかも知れませんが、更に詳しく見ると、このサービスかなりすごいんですね。

格安スマホの分かり難さの原因に、SIMカードの存在があると思います。

このSIMカードは、音声通話に対応しているカードとそうでないカードがあるんですね。

通話はLINEでするという人には関係ないかも知れませんが、音声通話を重要視したい人にはこのサービスは非常にいいんですよ。

通常音声電話対応のSIMカードを使うと、30秒で20円かかります。

ところが、このY!mobileのSIMカードを使うと、月300回、10分以内の通話が無料になるんです!!

通話料金にすると12万円分が無料になる計算です。

10分以内に一回切ってまたかけなおせば、1時間ぐらいの通話でも無料でできてしまうんですね。

音声電話に対応なので、110番や119番にも連絡できる点は非常に大きいと言えるでしょう。

料金プランは、

 プラン名  スマホプランS  スマホプランM  スマホプランL
 基本使用料(月額)  2980円  3980円  5980円
 高速データ通信量  1GB  3GB  7GB

となっています。

純粋に通信料を重視する場合はDMMの方がお得ですが、通話を考えるならY!mobileがお得ですね。

前回の記事でも触れた通り、SIMカードを挿して機能させるためには、「SIMフリー」である必要がありますね。

なので、SIMカードのみの購入をする場合、対応している機種をお持ちである必要があります。

 

 ドコモ・auから乗り換える(MNP)とお得

このあたりはソフトバンク系列らしいですね(^^;)

ドコモやauから乗り換えると、かなりお得になります。

どれくらいお得になるかというのを、「Nexsus5」という機種を例にとって見てみましょう。

この機種を新規で契約すると、Sプランでの契約で考えた場合、基本使用料が3218(税込)かかり、機種代が月々1728円の24回払いになりますので、合計4946円の毎月払いになります。300×10分の無料通話がついていることを考えると、破格とも言えますね。

MNP(他社からの乗り換え)をすると割引が適用されるので、3758円の毎月払いになります

通話を主体として考えると、かなりお得な料金体系と言えますね。

ただ、データ通信料を考えるとDMMの方がお得なので、通話を主体として考える場合にはY!mobileがお勧めとなりますね。

また、ソフトバンクのスマホらしく、2年単位の契約になり、途中で解除すると9800円の解除料金が発生し、更に契約後25か月(2年目以降)からは基本使用料が1000円上がることにも注意が必要です。

それを踏まえて、今のスマホよりも安くしたいけど、通話は頻繁にするので他の格安スマホだと月の通話料がかかりすぎてしまうし…という方にはこの「Y!mobile」が最適のサービスだと思います。

通話はあまりしないけど、データを沢山使う人はDMMがよいでしょう。

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト