スポンサードリンク

驚異の性能!! Huawei honor6 Plusは楽天モバイルが独占販売。スペック・価格、気になる方はこちらのページへ!!

Honor6plus-480x331

格安スマホの高性能化が止まりませんね。

世界のスタンダードになりつつあるHuawei(ファーウェイ)の驚異的機種honor6 Plus

まずはそのスペックから見てみましょう!!

機種 HUAWEI honor6 Plus
CPU オクタコア
OS Android™ 4.4 Kit Kat
価格帯 45,800円~
解像度 1,920 ×1,080(フルHD)
メモリー RAM 3GB ROM 32GB
バッテリー 3600mAh

 

かなり飛んでもないスペックなのですが、これだけだと少し分かり難いのでライバルであるzenfoneと比べてみましょう。

 

 機種 zenfone2  zenfone5
 価格帯 36800円~  31000円~
 解像度 1080×1920(フルHD)  720×1280(HD)
 メモリー  2GB・4GB  2GB・4GB
 バッテリー  3000mAH  2110mAH

 

zenfoneもかなり優秀ですね。

同じくHUAWEIのP8lite

 機種  HUAWEI P8lite
OS Android 5.0
 価格帯  28600円~
 解像度  720×1280(HD)
 メモリー  RAM 2GB ROM 16GB
 バッテリー  2200mAH

 

こちらも優秀ですね。

どれも優秀なので、正直どれでも問題なく快適に使うことが出来ると思います。

「おい!それじゃあどれ買えばいいかわからないぞ!!」という方の為に、HUAWEI honor6 Plusの魅力をご紹介させていただこうと思います。

 

1眼レフ並みのカメラ性能

この機種の特長は何と言っても「ダブルレンズ」

難しい技術などの話は脇にどけますが、これによって撮影に必要な光量が2倍、感光面積も2倍となります。

簡単にいうと、こんな感じのきれいな写真が簡単に撮れます。
cfdc;

さらには、焦点と絞りは撮影後に調整が可能で、逆光シーンでも簡単にキレイな写真が撮れます。

難しい技術の話を知りたいかたは、楽天モバイルのホームページをご覧ください。

 3600mAh大容量バッテリー

個人的にこの機種にしようかと思っている理由としては、この点が挙げられますね。

ライバルとも言えるハイスペック格安スマホ端末であるNexus6のバッテリー容量が3220mAhであることを考えても、規格外のバッテリー容量だと言ってもよいと思います。

ちなみに、公表はされていませんが、iphone6の容量は2000mAhほどではないかと言われています。

3600mAhというのは、かなりヘビーなユーザーでも1日まるまる充電しなくても使える容量であると言われています。

平均的な使用量であれば、2日は持つほどのバッテリー容量なので、バッテリーを重視したい場合はこの機種がお勧めであると思います。

 

 高性能オクタコアチップセットと大容量3GBRAM

オクタというのは、「8」をあらわすラテン語です。

Huawei honor6 Plusにはオクタコアチップ、すなわちCPUパッケージに8つのコアが搭載されている、つまり超高性能なんです!!

先述したzenfoneやNexus6がクアッドコア(4)なので、この点はHuawei honor6 Plusの強みであると言ってもよいでしょう。

さらにはデュアルチャンネル3GB LPDDR3 大容量メモリで、3Dゲームも気軽に思う存分楽しめる点も大きいですね。

RAMって何?という方はこちら

超高性能のCPUを持つ上にバッテリーも長持ちする格安スマホ、それがHuawei honor6 Plus!!

 SDカード、SIMカード どちらも使える“デュアルSIMスロット”搭載

 

デュアルSIMスロットにSDカードを挿入することで、容量増加にも対応でき、同スロットにnanoSIMを挿入すれば、デュアルSIMにも対応可能となるので、海外での使用時に便利!

いまいちピンとこないかも知れませんが、海外にスマホを持っていくとトラブルに巻き込まれるパターンが非常に多くなっています。

事前に対策が出来るのは嬉しいですね。

Huawei honor6 Plusは楽天モバイルの独占販売です。

気になる方は、公式ホームページをチェックしてみましょう!

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト