スポンサードリンク

少年ジャンプ2016年14号 ワンピース818話 火の丸相撲87番 銀魂578訓 神回と言って差し支えないだろう

yes-973983_1920

今日は引っ越しの日だ。

引っ越しの準備でものすごく疲れている…

後数時間後に引っ越しだ…

ワンピース

 

ここ数年で一番面白かった回。

個人的にはガープが来て以来の面白さだった。

やはりバトルをしていない時のワンピースは面白い。

ハンターハンターはやっぱりバトルしている時が面白いが、ワンピースは逆だ。

でも、冨樫はバトルを描くのが好きではなくて、尾田はバトルを描くのが好きだ。

そして、そんなことはどうでもよいのでハンターハンターが読みたい。

でも、病気らしいからなぁ。

 

世界の秘密

 

ポーネグリフを作った一族を、世界政府はよく生かしておいたな?

サカヅキじゃないけど、オハラを滅ぼしても光月一族が生き残っていたら意味がないのではないか?

世界政府は何がなんでも空白の100年間を調べて欲しくないらしいし。

思えば、歴史が改ざんされているという設定はワンピースも進撃の巨人も一緒だな。

我々が認識している歴史。

それが完全なる捏造であったなら?

マスコミは今も平然と捏造を繰り返している。

「日本死ね」という記事もどうやらマスコミの捏造らしいしな。

マスコミはともかく、歴史が改ざんされていたとしても誰も疑わないだろうな。

そして歴史というのは兎角に改ざんされやすい。

中国の歴史ではよくあることだが、新王朝は前王朝を悪玉のようにけなす。

隋が滅んだ後の唐なんかでもそうであるという説が強い。

歴史は勝者が作るのだからな。

でも、光月一族を攻撃したのは世界政府ではない。

ここに違和感を覚える。

「ワノ国の将軍」なる人物が今回出てきた訳だが、こやつが裏切ったのであろう。

この将軍とカイドウが結託して光月おでんを攻撃したらしい。

なんでゴール・D・ロジャーに手を貸した罪でカイドウが出てくるんだ?

カイドウは世界政府とつるんでいるのか?

トムさんの時は世界政府によって裁判が開かれた。

海賊王に手を貸した罪を世界政府が裁くのはまぁ、理解が出来る。

でも今回はそうじゃない。

ここには謎がいくつも残る。

そもそもカイドウの狙いはなんだろう?

ラフテルに行きたいのかな?

4つある赤いポーネグリフの1つを持っていることも謎だ。

ロジャーは昔、4つのポーネグリフを集めるか写すか読むかしてラフテルまで到着した。

レイリーさんいわく古代文字の解読に成功したのはオハラだけらしく、ロジャーは声を聞けたらしい。

モモのすけも先週の描写ではそんな感じだった。

光月一族も正確には読めないのかも知れない。

正確に読めるのはロビンただ1人。

ますますロビンの懸賞金の低さが謎だ。

今まではアオキジがおさえていたのだろうが、今はアオキジがいない。

世界政府にとってニコ・ロビンほど恐ろしい敵はいないだろう。

ジャックやローやキッドあたりより遥に懸賞金が高くてもおかしくない。

ここら辺は色々ちぐはぐだ。

ラフテルに言って「世界の秘密が~」というなら、シャンクスやバギーもそういった人間だし、レイリーさんもそうだろう。

それでも、世界政府が海賊王のクルーを躍起になって追い求めている描写はない。

むしろ、センゴクさんなんかシャンクスに妙に甘かった。

黄猿も本気でレイリーを倒す気はなさそうだったし。

今回の光月一族も世界政府は動いていなさそうだ。

この辺りは腑に落ちる日が来るのだろうか?

 

ワノ国

 

ワノ国の名前が初めて出てきたのはいつだったか思い出せない。

モリアと闘っている最中ゾロとリューマが戦っている時には少なくとも出て来ていた。

リューマは読み切りの主人公でワンピースより前から登場していたキャラクターだった上、我々が日本に住んでいたので、これほど重要な土地になるとは思ってなかった。

ブルックいわく、ワノ国は世界政府に加盟しておらず、鎖国状態でサムライ達が強すぎるので海軍すら近寄れないのだという。

海賊が隠れるには絶好の土地と言えるかも知れない。

エースがオーズジュニアにワノ国で編み方を習った笠をプレゼントしていることから、海賊は比較的入りやすいのかも知れない。

モモのすけは初登場で「将来はワノ国の将軍」になりたいと言っていることから、将軍は何人もいるのかも知れない。

大名も何人もいるのだろう。

戦国時代みたいなものかも知れない。

でも、外敵が現れた瞬間に一致団結したりするのだろう。

そして、侍と言えば刀だし、ようやくゾロのターンが始まる訳だ。

思えば、ゾロはグランドラインに入ってから全然活躍していない。

全然は言い過ぎだが、大物を一人も倒していない。

そろそろ強い奴を倒して活躍する日がきてもいいと思う。

そして、ゾロの師匠の「コーシロー」はワノ国出身なのだろうか?

初期の登場人物は海外の人物からとった名前が多い。

「フランシス・ロロノア」「モーガン」「アルビダ」

みな名の知れた海賊達からとっている。

その中で「コーシロー」の名前は浮いていた。

アオキジが言っていた「よく調べれば~」

コーシローはワノ国の伝説的な侍の名前だったして。

「小次郎」に名前が似ているし、「ムサシ」と闘って敗れて東の海に行ったなんて展開も面白い。

なんにせよ、ワノ国編は面白くなりそうだ。

面白いワンピースがかえってきた!!となると嬉しい。

 

暗殺教室

 

この漫画ももうすぐ終わりか。

長いような短かったような。

でもキレイに終われそうでよかったんじゃないかな。

渚の両親が仲直りする展開や、他の組の生徒が仲間になったりするのもよかったと思う。

…ワンピースに比べて短い。

 

火の丸相撲

 

ついに横綱の登場!!

多分外国人なんだろうけど、高校生1人のために来るって破格過ぎるな。

そもそも元横綱の指導ってだけでも破格過ぎるけど。

才能っていうのは、あるだけじゃダメで、周りが伸ばそうとしないと潰えてしまうんだよな。

日本は才能を潰すことに長けている国だ。

それはある意味では非常に優れたシステムになっている。

「和をもって貴しとなす」

人は兎角に嫉妬しやすい。

「差」は嫉妬を産み「社会」の形成を乱す。

アメリカでドナルド・トランプが人気を集めている。

あの男は昔からイカレ野郎として有名だ。

でも、そんな男が人気を集める背景には、アメリカ国民の、特に若者の怒りがある。

世界レベルで見ると、若年層のおよそ25%程が失業状態だ。

システム化された世の中に、人は必要なくなっている。

企業は合理化を追求する。

合理化とは、いかに人件費を安く済ませるかだ。

アメリカでは、6兆もの資産を形成する横で、たった2ドルの生活費さえ払えない人間が沢山いる。

日本も急速にアメリカ化してきた。

アメリカの推し進める全世界アメリカ化計画。

映画はハリウッド、食べ物はケンタッキーとマクドナルド。

ひたすら合理化を追求し少ない人員で最大限の利益を挙げることを目的とする経済。

富める者はますます富み、貧富の格差は天文学的な数字となる。

そこには「和」などというものはない。

日本のアメリカナイズは全てが半端だ。

上を伸ばさず下が広がる一方。

労働者の4割が非正規雇用っておかしいと思わないといけないよな。

スポーツ分野のスターは皆海外に行ってしまう。

サッカー、野球、テニス。

そして日本の国技である相撲は外国人力士しか横綱になっていない。

そんな閉そく感を破るような存在の火の丸を、応援したくなる気持ちはよくわかる。

 

銀魂

 

ワンピースも神回と言える出来だったが、銀魂もそうだった。

星坊主は規格外の強さだな。

神楽・沖田・信女の3人を軽くあしらった虚を完全に圧倒している。

ただ、皮肉なもので、最強の名前は手に入れているが、井の中は今まで守れていなかったんだな。

そして、奥さん星坊主より強いのかよ!!

今回の話に出てきた「嫁」は神楽やカムイのマミーだよな?

誰もいない星で一人生活していたのかな?

神楽のマミーは病弱なイメージしかなかったけど、夜兎なんだから強かったはずだよな。

今回読んだだけだとよくわからないことが多いけど、なんか面白い回だった。

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト