スポンサードリンク

少年ジャンプ2016年23号 僕のヒーローアカデミアNo.89 ワンピース825話  ボルト 火の丸相撲第95番

進撃の巨人にハンターハンター、ワンピースにボルトなど今日は盛りだくさんだったな。

でも、来週はワンピースないのか…

僕のヒーローアカデミア 全ては1人の為に

 

ついに姿を現した「オールフォーワン」

第一回目からその存在は匂わされてきていたけれど、多分この漫画のラスボスだよな?

実は僕のヒーローアカデミアには分からない部分がとても多い。

突然人類が超常の力に目覚めるという異質な世界観から王道のヒーロー物として驀進してきた漫画だけれども、核となるオールマイトの過去については今まで全くと言っていい程触れられては来なかった。

断片的な情報だけを整理してみると

・オールフォーワンという強力な個性の持ち主と闘った際大きなダメージを負った(5年前)

・ワンフォーオールという受け継がれ、そして誰かに受け継ぐ個性の持ち主で、元々無個性だった

・ワンフォーオールの先代の名字は志村だったらしい

・雄英出身で、1年間だけグラントリノが指導した

・ナンバー1ヒーローとして子供たちの憧れとなっている

と言った所だろうか。

死柄木弔の本名が志村転狐だったことから、弔は先代の息子なのだろうな。

で、オールマイトが自分を助けてくれなかったことからヒーローに失望したという感じだろうか?

分からないのは、先代志村を殺したはずのオールフォーワンの持ち主が息子である弔を保護し、助け、協力しているという点だ。

弔はオールフォーワンが親の仇だと知らないのか、それともオールフォーワンもワンフォーアールと同様に他人に受け継ぐことが可能な個性なのか?

「one for all all for one」ってラグビーでよく使われるけど、語源はドイツ語の「Einer für Alle, Alle für Einen」で有名な保険学者が引用したのを英訳したものらしい。

さらに語源を調べてみると元々はラテン語(古代ローマ帝国の言葉)の「Unus pro omnibus, omnes pro uno」の言葉らしい。

有名なアレクサンデル・デュマの「三銃士」にも使われていて、ある種ヒーロー物のお約束ともなっている言葉だと言える。

でも、それを分けて使うと全く別の概念になってしまうのだから、言葉というのは面白いものだなぁ

 

ワンピース 世経の絵物語

 

面白くなってきたのに来週休載か…

今回出てきた求婚のローラに似た女性はマムの娘の1人で、ギャング・ベッジがマムの傘下に入る際嫁に行ったんだろうな。

サンジの婚約者にぴったりの顔なんだが。。

それにしてもルフィはアホすぎるだろう。

ルフィの主人公としての最大の問題点は全く成長していないことなんだよな。

悟空なんかはなんだかんだで子供が学者になってたりするし、ナルトも精神的に成長しまくってたしね。

それにしても、マムの手下の面々はやっぱり全然悪そうに見えないな。

ヴィトとかペコムズとか普通にいい奴そうだし、シャンクスや白ひげのような高み系ではないけれど、この世界だと海賊が必ずしも悪い訳ではないしな。

ローラがマムの娘だとするとローラもやっぱり悪い奴じゃないし、ビジネスとは言え魚人島を保護していた訳だし。

やっぱりマムとは協調路線なんだろうと思う。

で、グルグル眉毛は一族特有のものなのか。

そもそも論だけど、なんだって悪の組織に生まれついたサンジがコックになり、オールブルーを発見しようとしたんだろう?

育ててくれた乳母がものすごく料理上手だったとかだろうか?

つーか、ブルックが食べた魚はどうなってるんだ?

骨だけなのになぜ魚が食べられるのか?

 

火の丸相撲 鬼丸国綱と童子切安綱②

 

なぜだか天王寺戦は盛り上がりに欠けるような気がする。

天王寺の強さが分かり難いんだよな。

天王寺が横綱になっても、白鵬みたいにあまり人気のない横綱になりそうだ。

他のスポーツと違って、相撲は強いだけじゃダメなところがある。

一瞬で勝負がつくからこそ、勝ち方に大きな価値があるスポーツだと言えるのかも知れない。

天王寺は文句なしに強いんだけど、求めていたのは圧倒的でどうしようもない強さだったと思う。

フリーザとかラオウみたいに、どうやってこれ倒すんだろう? みたいな。

そういった意味では久世の方がどうにもならない感が強い。

今天王寺と久世がやったら間違いなく天王寺が勝つとは思うけれど、華があるのはやはり久世なのかな。

 

左門君はサモナー

 

安定して面白い。

盛り塩が定着しすぎてもう本名を忘れてしまっている。

このキャラクターの名前なんだっけ?

本当に塩、塩うるさい回だったよ。。

そして九頭竜君と左門君は本当に仲がいいなぁ。

左門君は今まで友達なんか1人もいなかっただろうし、クズがいい毒抜きになっているような気がする。

 

ボルト

 

あれ? 1ページ目のこれナルト死んでんの?

そして脚本の小太刀右京って進撃の巨人の設定協力している人か。

で、漫画は岸本さんが書いてないのね。

なんでなんだろう?

もう気力がないのかな?

それはさておき、両親を幼い時に亡くしたサスケと物心つく前に両親を亡くしてしまったナルト、それぞれが子供と接する時間をほとんど持てないというのは皮肉というかなんというか。

火影になるという夢をナルトが叶えるまでがNARUTOで、叶えた後がBORUTOな訳か。

昔、NHKでやっていた赤塚不二夫物語を思い出す。

赤塚不二夫が売れれば売れるほど家族はバラバラになってしまう物語。

赤塚不二夫自体は満州にいた時のように皆で仲良くワイワイした生活を望むんだけど、結局それは手に入らなかった。

名声が高まれば高まるほど、孤独になっていく様が印象的だったな。

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト