スポンサードリンク

AQUOS mini SH-M03が予約開始! スペックなどはどうなっているのでしょうか?

AQUOS mini SH-M03

 

シャープを代表するブランドである「AQUOS」の名前を冠したSIMフリースマートフォン「AQUOS mini SH-M03」が2016年7月下旬に発売となります

 

AQUOS mini SH-M03のスペックを前作AQUOS SH-RM02と比較

 

前作「AQUOS SH-RM02」はその前作「AQUOS SH-M01」よりも価格が10000円も低くなったのにスペックが大幅に上昇するという素晴らしい進化を遂げた端末でした。

果たしてAQUOS mini SH-M03はどうなのでしょうか?

 

AQUOS mini SH-M03 AQUOS SH-RM02
価格 49,800円(税込53,784円) 39800円(税込42984円)
OS Android™ 6.0 Android™ 5.0
CPU ヘキサコアQualcomm Snapdragon 808 MSM8992 クアッドコア Qualcomm MSM8926
動作周波数 1.8(Dual) + 1.4(Quad) 1.2GHz
解像度 フルHD(1920×1080) HD(720×1280)
メインメモリ(RAM) 3GB 2GB
記憶装置(ROM) 16GB 32GB
メインカメラ 1,310万画素 1310万画素
バッテリー容量 2,810 mAh 2450mAh
サイズ 幅126mm×奥行き66mm×厚み8.9mm 幅134mm×奥行き71mm×厚み9.9mm
重さ 約120 g 145g
赤外線通信 ×
SIMサイズ nano SIM nano SIM

 

う~ん。何かの冗談じゃないかというようなスペックですね。

前作よりも10000円ほど価格が高くなっているのにも関わらずROMがスペックダウンしているなんて…

50000円前後のスマホとしてはこれ以下はないんじゃないかと思うほどのスペックの悪さになっています。

これが冗談でなく本気だとするならば、シャープがダメになっている理由がよくわかりますね。

悪意さえ感じてしまいます。

多分、私は何かを見落としているのでしょう。

そうに違いない…

 

HUAWEI P9シリーズと比較してみる

 

いまや最高峰のSIMフリー端末メーカーとなったHUAWEIのP9シリーズスペックを比較してみましょう。

 

製品名 AQUOS mini SH-M03 HUAWEI P9 HUAWEI P9lite
OS Android 6.0(Marshmallow) Android 6.0(Marshmallow) Android 6.0(Marshmallow)
CPU Qualcomm Snapdragon 808 MSM8992  ヘキサコア Hisilicon Kirin 955 オクタコア Hisilicon Kirin 650 オクタコア
動作周波数 1.8(Dual) + 1.4(Quad) 2.5GHz×4+1.8GHz×4 2.0GHz×4+1.7GHz×4
解像度 1920×1080(フルHD) 1920×1080(フルHD) 1920×1080(フルHD)
メインメモリ(RAM) 3GB 3GB 2GB
記憶装置(ROM) 16GB 32GB 16GB
バッテリー容量 2,810 mAh 3000mAh  3000mAh
サイズ 幅126mm×奥行き66mm×厚み8.9mm  約145×70.9×6.95mm  146.8×72.6×7.5mm
重さ 約120 g  約144g  約147g
メインカメラ 1,310万画素  1200万画素  1,300万画素
防水
価格 49,800円(税込53,784円)  59800円  29980円

 

世界最高クラスのコストパフォーマンスを誇るP9 liteはもちろんそれほど評価の高くないP9にすら大幅にコストパフォーマンスが劣っている結果となりました。

シャープはもはや世界はもちろん日本でも戦えないメーカーとなってしまっていますね。

日本を代表する液晶技術を持つメーカーでしたが、内部抗争で無駄に疲弊した結果でしょう。

同情の余地さえ見出せませんね。

もはや日本の恥ともいうべきかも知れません。

 

なお、AQUOS mini SH-M03はP9シリーズ同様楽天モバイルにて購入・予約が可能となっています。

 

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト