高血圧対策!ファンケル(FANCL)本搾り青汁の評判や口コミは? ニキビはできにくくなる?

高血圧、便秘、肌の調子に悩む方にお勧めなのが青汁

今回はファンケルの本絞り青汁の評判や口コミを見てみましょう。

ファンケル(FANCL)本搾り青汁の評判・口コミ

 

美味しいとは言えませんが悪くはないなといった感じで飲みやすいです

ある日、母が我が家に遊びに来た際に紹介され初めて知りました。
世間話からふとした拍子に嫁が「お通じの悩み」を相談したところ、母が普段から使っていたらしく、「これが効くからいいわよ」と紹介され、後日母から試しにと郵送で送られてきたのがきっかけです。
始めは半信半疑でしたが実際に嫁が使用してみたところ効果を実感したらしくその後も愛飲しており、あまり興味がなかった私自身も少しづつ興味を持つようになり使い始めました。
始めは嫁の「お通じの悩み」から使い始めました。
使用以前は3~4日、長いと1週間ほどこず、非常に辛い思いをしていたらしいのですが、使い始めてからはほぼ毎日、遅くとも2日に1度は来るようになり非常に喜んでいました。
私自身はそういったものではないのですが、30代になったこと、あまり野菜や魚が好きではないこと、家を持ち二人の子供が出来たこともあり以前より体調を気にするようになっていたので野菜不足解消やカルシウムの摂取を目的で使い始め今のところこれといった変化は実感してはいないのですが、なんとなく摂取しているだけで体にいいことをしているんだと思い心に余裕ができます。
味はもっと美味しくないものを想像していたのですが、美味しいとは言えませんが悪くはないなといった感じで飲みやすいです。

 

 

そもそも青汁って身体にいいの?

 

「不味い、もう一杯」のテレビコマーシャルで一気に世に認知された健康食品「青汁」ですが、そもそも本当に身体にいいのだろうかという疑問はありますよね。

良薬は口に苦しという諺がある通り、苦いもの=身体に良いというイメージがありますが、実際のところはどうなんでしょう?

 

青汁の原料はケール、大麦の若葉、小松菜、ヨモギなど

 

青汁の原料には、ある意味文字通りの青菜が使用されています。

青菜にはカリウム、リン、ビタミンAなどが含まれており、それぞれの効能は以下のようになっています。

 

 

カリウム:ナトリウムの排泄を促進する働きをするため、血圧を下げる効果が期待される。熱によって失われてしまうため注意が必要

リン:骨や歯を形成し、DNAの主成分である核酸の生成に必要。またビタミンB群の体内摂取を促す働きがある。

ビタミンA:ガンの発生を抑制する機能が期待され、不足すると口内炎などの症状になりやすくなる。また、感染症の予防や免疫の強化などが期待される

 

 

 

青汁を飲んでいい人悪い人

 

青汁は上記のように健康に良い栄養素を含む一方で、ビタミンKを多く含むことから循環器系に関する薬剤などとの相性が悪く、人工透析などを行っている方の健康状態を害してしまう可能性があるので注意したいところです。

 

青汁を飲むとニキビができにくくなる?

 

ファンケルの本絞り青汁と検索すると「ファンケル本絞り ニキビ」という検索キーワードが出てきます。

ニキビができてしまう原因に野菜不足、もう少しいうとビタミンBの不足があり、先述いたしました通り青汁に含まれる「リン」がビタミンBの吸収を促進する働きを持っており、ニキビ予防に大変役に立つということが言えるでしょう。

また、便秘になるとニキビがでやすいことがよく知られており、食物繊維を多く含む青汁はニキビは勿論排泄を促すという意味で便秘対策にも良い健康食材ということが言えそうです。

 

 

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト