スポンサードリンク

進撃の巨人第93話 闇夜の列車 ユミルの行方 四つ足巨人の正体 アッカーマンの強さの秘密

今月はこれまた盛沢山な内容でしたね。

ジークが王家の血を引いていることをマーレは知らない

 

ジークの脊髄液を投与されたエルディア人は叫びによって巨人となり、月夜でも歩けるらしいですね。

これは一体何を指すのでしょうか?

この辺りには結構難しい問題が含まれているように思います。

まず、ジークは自らが王家の血を引いていることをマーレの側に明かしていないということですね。

これはかなり大きな意味を持つように思えます。

ジークは完全にマーレの言いなりになっているのではない?

かつてエレンにお前を救ってやるからなというのはたぶんジークの本心でしょう。

問題なのは一体どうやって、そして「救う(助ける)」とはどういう状態なのか?

エルディア人に未来はない。

巨人に兵器としての価値がなくなればエルディア人を生かしておくメリットがなくなることになる。

ジークがパラディ島侵攻を提案した理由は本当に始祖を奪還することなのでしょうか?

 

9つの巨人はまだ全部出てきていない?

 

現在パラディ島側が保有するのが始祖、進撃、女型、超大型

マーレ側が保有するのが鎧、獣、顎、車力(四つ足)

アゴがユミルの保有していた巨人だとすると、あと1体未だに出てきていない巨人がいる感じでしょうか?

ユミルの巨人は顎に特徴はなかった気がしますが、どうなんでしょう?

同じ巨人を引き継いでも見かけなどはだいぶ変わるようですね。

女型の巨人を男性が継承したらどうなるのでしょうか?

そして、今アニはどうなっているのでしょう?

アルミンの超大型巨人とエレンだけで果たして軍艦を逃さずにとらえられるものでしょうか?

あるいは水の中を泳ぐことのできる巨人がいるのか?

ジークがわざわざ「2体以上」と言っていることから、3体目がいるような気もしますね。あるいはアルミンがかつての超大型巨人の記憶をもとに現在の敵の戦力を分析して効率的な作戦を立案しているのかも知れません。巨人が2体いるだけでは艦隊レベルの戦力を一隻も逃さないということはできないような気がします。

未だ出てきていない最後の巨人がこれから先のキーポイントになるかも知れません。

そして4つ足の巨人の中身が女性だったとは…

しかも2か月間ほど巨人状態でいられるらしい。

エレンの巨人化が以前は30分ほどだったような気がするので、ずいぶん長い間巨人になっていられ、それが長所であるということでしょう。

純粋な戦闘能力が低くても、稼働時間が長ければ有利ですからね。

 

アッカーマンの強さは巨人科学の産物!?

今月1番の衝撃でしたね。

マーレ側がアッカーマン一族を認識しており、しかもその強さの源が巨人科学であったとは…

マーレ側にアッカーマンがたくさんいないのは、初代王が全てを引き連れて行ったからなのでしょう。

そう考えるとアッカーマンは偶然の結果によって生まれた強化人間と言ったところでしょうか。

しかもそれが遺伝する。

100年経っても再現できない。

しかも並の巨人どころか知性巨人であってもリヴァイには勝てなかった。

女型、獣、共にリヴァイには勝てませんでした。

国家戦力に匹敵する存在だとさえ言えます。

思えば、ケニーが始祖の巨人であるウーリに勝てなかったのは立体起動装置を装備していなかったからですね。

立体起動装置があったら勝てたかどうかは分かりませんが…

そしてアッカーマンが迫害された理由もこの辺りにあるのかも知れません。

そして悲しいかな、アッカーマン一族の秘密を知る存在がもはやどこにもいなくなってしまった!!

 

真っ暗な俺たちの未来

 

題名の「闇夜の列車」というのはエルディア人のことをも指しているのでしょうか?

命をかけて戦い、その先にあるのは短い寿命。

そして戦った先に得られるのはエルディア人に対する激しい憎悪の念。

まさに存在するだけで世界から恨まれる存在。

ジークはもちろん、潜入組でただ1人生き残ったライナーは何を考えるのでしょうか?

アニ、ベルトルト、マルセルを失い、かつては仲間だった104期を裏切り、数えきれないほどの人々を犠牲にした。

その結果得られたものが何かあったのでしょうか?

進撃の巨人における闘いは、常に勝者のいない闘いなのかも知れません。



管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト