ポケモンの歴史5 ブラック・ホワイト BW2 通称第5世代

 私が10年ぶりにやったポケモン。
 赤・緑、金・銀以来だったので、変わりように驚いた。
 何より驚いたのは、インターネットを通じて知らない人間と対戦できる点だ。
 私が小学生の時、それは夢でしかなかったのだが、科学の進歩ってすげーと言わざるを得ない。
 ストーリーはかなりいびつで、ポケモンの開放を願う新興宗教「プラズマ団」との戦いがメインストーリーである。
 シリーズ史上初めてチャンピオンが敵のボスに負ける。
 アデク、N、ゲーチス。やたら濃いキャラの人たちが出る。
 このブラック・ホワイトに関しては、ストーリークリアするまで、新ポケモンしか出てこない所に特徴があったと思う。
 ローブシンにナットレイなど、種族値はあまり高くないが、無駄のない配分の強ポケが印象的だった。
 対戦環境は大分整ってきたが、乱数や改造がこの上なく増大した。加えて、インターネット対戦の切断の多さが問題にもなった。
 その後、マイナー版がでるかと思ったら、BW2が出た。シリーズ史上初めてマイナー版が出なかったのである。
 BW2の評価は高い。
 BWの時のような電波はなりを潜め、少年向けRPGの王道といった感じのストーリーに加え、教え技や過去のチャンピオンとの戦いなど、シリーズ総決算的な意味合いを持つ作品に仕上がった。
 切断対策などもとられ、対戦環境はよくなった。
 一方で今日ポケの固定化が進んでしまい、似たようなパーティばかりになってしまった。
 売り上げはブラック・ホワイトが540万本、BW2が300万本となっている。
 売り上げを全然落としていない所がすごい

ポケモンの歴史4 ダイヤモンド パール プラチナ 通称 第四世代

 この頃のリアルタイムポケモン事情がどうだったのかは知らない。
 だが、このダイヤモンド・パールを境に、火力インフレと呼ばれる言葉が目立つようになった。
 そもそも前世代のルビー・サファイアにおいては、耐久型がとても強かった。
 ダメージを与えてもすぐに回復してしまうので、闘いが長期化してしまったのだ。
 そこでこの第四世代では、超火力でもって一気に勝負を決める!! という型が流行するようになる。ゴウカザルのインファイトやガブリアスの逆鱗などである。
 厳選も大分楽になった。が、役割破壊と言われるめざめるパワーなどの厳選もあり、相も変わらず廃人を量産していた。
 システム面では成熟期に入った感があり、売上も3作で800万本を超える。
 この頃から敵役の電波度がひどくなっていったような気がする。敵の行動理念がよくわからない…
 シリーズ初の女性チャンピオンのシロナは人気が高く、これ以降のシリーズにも頻繁に顔を出している。ニコニコ動画ではずかシロナと検索すると面白い動画が見られる。何の予備知識もなく見た私は、文字通りお茶を吹いた。
 なお、金・銀のリメイクもこの世代に入る。
 

ポケットモンスターの歴史 サファイア ルビー エメラルド 通称第三世代

 この世代を実際にプレイをしたのは、私がもう25歳を超えていた頃だと思う。
 金・銀以来ポケモンから遠ざかっていた。ふとしたきっかけでサファイアをやったのだが、よくわからないというのが当初の感想だった。
 ゲームボーイアドバンスになったということもあり、前作との互換性がなくなった。その為、登場するポケモンはほとんどが新しくなったのだ。
 ただ、どういう訳かこちらが使うポケモンが弱いのが多い。ギャラドス(はねるが進化した凶悪ポケモン)もびっくりするぐらい弱くなっていた。これは仕様が大きく変更になったからだったのだが、当初は訳が分からなかった。ので、実はこれもあまりやっていない。
 もっとも、音楽は非常に良かった。四天王やチャンピオンの音楽は素晴らしい。延々ホットペッパーを繰り返しているように聞こえるが。。
 ここでポケモンは分岐点に差し掛かったのだと思う。
 具体的には
 ・三値
 ・特性
 ・性格

 の重要性であろう。
 三値とは、「種族値」「個体値」「努力値」のことである。
 種族値とはそのポケモンの種類の持っている能力のことである。これは今までもあった。
 個体値とはそのポケモン特有の能力である。
 例えば、サンダースというポケモンの素早さの種族値は130である。
 ここに2体のサンダースがいる。一方の個体値は1、もう一方は31だとする。
 すると、後者の方が絶対に早くなる。
 個体値は1から31まであり、数値が高い程よい。
 努力値とは後天的に能力を伸ばせる値である。
 例えばインドメタシンという薬があり、これは素早さの努力値を10上げてくれる。
 これは今までもあったのだが、この第三世代から仕様が変わる。
 今までは、各努力値は最大100までしか上げられなかった。が、今回から252まで上げられるようになった。ただし、合計であげられる数値は変わらない。
 よって、素早さと力に特化してもよいし、全パラメーターに振り分けてもよい。
 これが三値である。
 さらに性格も重要になった。
 例えば意地っ張りという性格のポケモンだと、攻撃が通常の1.1倍になり、特殊攻撃は0.9倍にある。臆病なら素早さ1.1倍、攻撃0.9倍。
 サンダースを例にとると、極限まで素早さを上げた場合200となる。最も遅いサンダースの素早さは122。
 これによってポケモン対戦に対する敷居はとても高くなってしまった。三値や性格はややこしく、子供には理解し難い。また、理想的な個体値を求める「厳選」と、その面倒を避ける「乱数」や「改造」が横行してしまうことにもなった。
 三値によって対戦の奥深さは計り知れなくなったが、闇の深さも計り知れなくなってしまったのであった。
 ちなみに、ルビー・サファイア・エメラルドで700万本を売り上げ、赤・緑のリメイクであるファーアーレッドとリーフグリーンは300万本を売り上げている。
 リメイクでも妖怪ウォッチより売れているポケモン。やはり恐るべし。
 
 

ポケットモンスターの歴史2 金 銀 通称第二世代

 ポケットモンスターの歴史を考えるにつけ、口コミの重要性について考えさせられる。
 ポケモンは口コミとコロコロコミックによって爆発的に広まっていった。
 商売の基本は口コミにあり。
 現代社会において、どの企業も頭を悩ませているのは販促費、すなわち販売促進費であろう。
 商品が認知されなければ売れない。大量生産・大量消費を支えているのは、大量の認知である。
 経済競争において大手企業が有利なのは、この販促費の違いにも表れている。大企業は大手メディアを使いCMを打つ。その信用性で商品を買う。
 良い商品は口コミから広まる。
 そしてその商品はブランド化していくのである。
 大ヒット商品の続編は大変である。出せば確実に売れる。一方で合格のハードルは高い。
 続編が駄作の映画やゲームなんて、それこそ腐るほどある。
 その意味で、金・銀は重要な役割を果たしたと言えるだろう。
 下手なものは出せない。その思いからか何度も発売延期を繰り返し、実に5年ぶりの新作となった。
 舞台は前回のカントー地方からジョウト地方に移る。以前よりも2種類タイプが増えた。悪と鋼。
 両方とも絶対強者だったエスパータイプに有利に作られていた為、エスパータイプは一気に弱体化が図られる。逆に冷遇されがちだった格闘タイプや炎タイプの地位がぐーんと向上した。
 パラメーターも少し変わった。
 赤、青、緑の時は、
 HP
 攻撃
 防御
 素早さ
 特殊
 だったのが、特殊が分化し、
 HP
 攻撃
 防御
 素早さ
 特殊攻撃
 特殊防御
 の6パラメーターになった。
 そのせいでカビゴンがやたら強くなったり、ギャラドスやフリーザーが弱体化した。
 バンギラスやハッサムなどの、現在での強ポケモンが誕生したのもこの頃だ。
 ポケモンが卵を産むようになり、チャンピオンを倒した後に前回の舞台カントー地方に行けるようになる。最後は前回の主人公と戦うという知っている限りゲーム史上初の試みがされた。
 もっとも、実は私はあまりこの第二世代はやっていない。
 このゲームが発売された頃、私は中3だか高校生だった。急速にゲームに対する関心が薄れていたのだ。
 ちなみに、金銀クリスタル合計で700万本売り上げたらしい。
 スウェーデンの人口900万人。
 やはり怪物ソフトだなぁ。
 ちなみにリメイクも出されている。こちらは仕様上第4世代に属する。良リメイクとして評判である。

ポケットモンスターの歴史1 赤 緑 青  通称第一世代

 休みの日にひたすらポケットモンスターについて書く31歳。それって素敵やん。。
 ポケットモンスターが発売された時、私は小学5年生だった。
 ポケモンが発売された当時、世間は全くその存在に気づいていなかった。
 原因はこのCMであろう。
 https://www.youtube.com/watch?v=mjCK2D88bCs
 
 このCMのことはよく覚えている。こんなクソゲー誰が買うか! と思った。あの時、誰もがそう思ったに違いない。後に全世界で1000万本を売り上げる怪物ソフトは、全く売れなかったのだ。
 クラスで一人だけそのクソゲーに嵌っている奴がいた。テツというその男はホラ吹きで有名だった。奴に言わせると「飲茶」は飲むもので、マリオシューティングが新発売されるらしいと一人で騒いでいた。奴の飼っている猫は近隣を荒らし、奴の家は白い靴下が帰りには黒くなっている程汚かった。
 あろうことか奴はしつこくポケモンを買うように要請してきたのだ。勿論買う気はなかったのだが、突然家にやってきて一緒に買いに行くぞと言われ、結局買いに行くはめになった。
 結論から言うと、めちゃくちゃ面白かった。
 まさしく冒険をしている感があった。
 男の子は冒険が好きだものね。主人公の母親が最初に言う言葉である。
 当時はネットなどなかったので、情報は限られていた。どのポケモンが進化するとかよくわからなかった。ゲーム中、いきなり500円でうりつけられたポケモンががねる(敵にダメージを与えられない。意味のない技)しか覚えていなかった時の絶望感、そしてそのコイのポケモンが凶悪なポケモンに進化した時の高揚感。ヒトカゲを選んでしまった為タケシやカスミが以上に強かった記憶。ロケット団との戦い。意外なラスボス。燃える音楽。
 発売当時クラスで二人しかやっていなかったポケットモンスターは、私が中2になるころには、クラスで二人ぐらいしかやっていない人間がいない程になっていた。
 テレビ番組(マリオスタジアムという渡邊徹が司会の番組)では毎週熱い対戦が繰り広げられ、幕張メッセでは頻繁にイベントが開かれた。アニメも始まり、主題歌がオリコンでベスト10入りし、劇場版は日本のみかアメリカでもNO1になるなどまさしく社会現象になっていった。
 完成度で言えば今のポケモンには遠く及ばない所がある。エスパー(という言うよりミュウツーやフーディン)がやたらと強く、ゴースト技はしたでなめる(超弱い)、ドラゴン技は竜の怒り(固定40ダメージ)しかないなどお粗末な点が多かった。
 それでも、自分が小学生だったということもあるのだろうが、初代ポケモン(第一世代)が一番面白かったと思う。