FDAにより認可された唯一EMSスレンダートーン利用者の本音の評判と口コミ!

近年、つらい筋トレをしなくても、6パックの腹筋を作ることのできるEMS機器について見聞きすることが増えていますね。スレンダートーンもその1つです。

しかし、市販のEMS機器は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称は薬機法:以前の「薬事法」のこと)」では、医療機器には分類されていません。つまり、市販のEMS機器は「法的には」有効性が確かめられておらず、病気(肥満症など)への有効性を宣伝広告してはいけない電子機器になります。

米国では、市販のEMS機器が効果があると認定されるためには、米国食品医薬品局(以下、FDAと表記)の厳しい基準を満たさなければなりません。このFDAにより認可された唯一の市販EMS機器(2015年3月時点)が、スレンダートーン(米国ではSlendertone Flex)です。ここでは、唯一のFDA認可の市販EMS機器であるスレンダートーンについて、その特徴とメリット、デメリット、注意するポイントについて解説します。

スレンダートーン販売ショップジャパンホームページへ

「FDAにより認可された唯一EMSスレンダートーン利用者の本音の評判と口コミ!」の続きを読む…

ダイエット必須知識!良質な睡眠がやせるのに必要な理由を現役医師が解説

ダイエットを成功させるコツの一つに睡眠があります。
米国立保健統計センター(NCHS)のデータで睡眠時間別の肥満率の割合をみてみると、7~8時間が最も少なく22%で6時間~7時間未満が28.4%、9時間以上で26.3%となっています。睡眠が肥満だけでなく、美容・健康維持に必要なのは知られていることですが、なぜダイエットにも睡眠が必要なのでしょうか?
それは『ホルモンの乱れ』による影響といわれています。

ダイエットと聞くと、まず、運動や食事のことが思い浮かぶと思います。何を食べちゃダメとか何を食べれば必ず痩せるといったことが言われますが、結局のところ、現在、科学的に証明されている痩せ方は『消費カロリーを摂取カロリーよりも多くする』という方法だけです。そして消費カロリーの多く(70~80%)を占めるのが、アスリートや重労働のお仕事をやられている方でない限りは、基礎代謝となります。
基礎代謝とは一日中何もしていなくても生きていくうえで必要なエネルギーです。そしてこの基礎代謝を調整している一つの要素が『ホルモン』なのです。
ホルモンは体の中で作られて、外部からの影響により変動し、極微量で精密に調整されています。多くのダイエット法がこのホルモンを利用した方法が使われています。(話が逸れてしまうので今回は割愛します)

「ダイエット必須知識!良質な睡眠がやせるのに必要な理由を現役医師が解説」の続きを読む…

医師が徹底解説!酵素ドリンクには本当にダイエット効果はあるのか?

ダイエットというのは本当に続けるのが難しいですね。ダイエットに挑戦して、一度は体重を減らせた人は多いはずです。一時的にダイエットで成功することは比較的簡単でしょう。しかし、難しいのは「それから」です。ダイエットで体重を減らせたとしても、その減った体重を維持できた人はわずかではないでしょうか。

つまり、ダイエットは「する」ことではなく「し続ける」ことが大切であり、かつそれが難しいということです。

ダイエットをし続けることが難しい原因の1つが、摂食衝動(食べたくて食べたくてどうにも我慢できない欲求)の問題です。この摂食衝動は、「ダイエット→ダイエットがストレス(正確にはストレッサー)となる→ストレスホルモンであるコルチゾールが増える→コルチゾールの食欲増進作用→ダイエットによる空腹感と合わさって食べたい欲求が高まる」というようなメカニズムで生じることが考えられます。

さらに悪いことに、「摂食衝動→食べる→食べると直ぐに満足感が得られる→ある行動をして直ぐにいいこと(満足感が得られる)が生じるとその行動が繰り返される」という「正の強化」というものが生じて、ますますリバウンドしやすくなってしまうのです。

これに加えて、体重が増えて食べたことをあとあと後悔したとしても「直ぐに満足する>>>>>あとあと後悔する」というように、のちのち生じる後悔や反省のチカラは、直ぐに得られる満足に比べると、我慢できずに食べるという行動に与える影響力がはるかに小さいという問題があります。

この「食べたい!」という摂食衝動をいかにコントロールするのかが、ダイエットをし続けられるかどうかのポイントになります。そして、それに対する1つの答えが酵素ドリンクなのです!

しかし、酵素ドリンクのダイエット効果については賛否両論があります。疑うことなく有効であるとする意見もあれば、全く効果がないというものまで様々です。本当のところはどうなのでしょうか?ここでは、ダイエットにおける酵素ドリンクの真実に迫ります。

「医師が徹底解説!酵素ドリンクには本当にダイエット効果はあるのか?」の続きを読む…

輝羅羅(きらら)酵素はどんな商品?口コミ評価がとても高いって本当?利用者が語る本音の評判!

創業が昭和21年という歴史ある、その名も「大和酵素株式会社」が販売している、輝羅羅(きらら)といおう酵素食品をご存知ですか?
現在ではたくさんの酵素ドリンク・食品が販売されていますが、日本で初めて酵素飲料を開発し、製造販売を始めたのが、この大和酵素なんです。
年々事業投資・拡大をし、今では酵素飲料・食品・化粧品・入浴剤など、酵素専門ながら多岐にわたって商品開発・販売を行っています。

「輝羅羅(きらら)酵素はどんな商品?口コミ評価がとても高いって本当?利用者が語る本音の評判!」の続きを読む…

なんで?ダイエットしているのに痩せない原因・理由とは?

あなたが行っているダイエットは何でしょうか?
今、空前の健康ブーム・ダイエットブームが来ていると言えます。そんな中、多くのダイエット法、サプリメント、トレーニングジム、教室があります。何が正しくて、何を選んだら良くて、何を選んだら失敗するのかわからなくなってしまうかもしれません。どのダイエット法にも個人差があり、痩せられる人もそうでない人もいます。そしてダイエットの目的もそれぞれです。2-3kg痩せたい人、部分痩せしたい人、美容のために痩せたい人、10kg以上痩せたい人、腹筋を割りたい人などなど。
しかし、どのダイエット法にも通じるやせるための大原則があります。
それは、痩せるためには『消費カロリー>摂取カロリーとなること』です。
「なんだ、当たり前のことを」と思うかもしれませんが、どのダイエット法もどちらかの割合を変化させる、つまり、消費カロリーを増やす、もしくは摂取カロリーを減らすための方法をとることで体重を減らすことができるのです。

この大原則に基づき「なぜ痩せられないか?」を考えてみましょう。

理由は大きくは2つあります。

 

・メソッドの問題:そもそも方法が間違っている

・メンタルの問題:続けられない、心が折れている

「なんで?ダイエットしているのに痩せない原因・理由とは?」の続きを読む…

医師が本音で語る!コンブチャ(KOMBUCHA)にはダイエット効果はあるの?

コンブチャ(KOMBUCHA)というの飲み物をご存知ですか?コンブチャ(KOMBUCHA)とは、酵母と細菌を一緒に培養してできたパンケーキ状のSCOBYというものの一部を、甘みをつけた紅茶などに入れて室温での発酵のあと、冷蔵庫の低温で再発酵させるという二重発酵をさせた飲み物のことです。日本でむかし流行った紅茶キノコのことですね。

このコンブチャ(KOMBUCHA)は、世界的な市場調査およびコンサルティング会社であるMarkets and Markets社の分析によると、2020年には世界で18億ドル(1ドル110円換算で約2000億円)と2015年の売り上げの3倍を達成すると予測されています。それほどに人気のある健康飲料のようです。

では、なぜコンブチャ(KOMBUCHA)はこんなにも健康飲料として広まり、そして米国で一般大衆に飲まれるようになった1990年以来、現在も未だに愛飲されているのでしょうか?その理由を栄養学的あるいは社会心理学的に解明した報告はないようです。しかし、コンブチャ(KOMBUCHA)に含まれている健康に良く、かつダイエットに役立つとされる成分の多さがその理由の1つなのかもしれません。

北米で人気のコンブチャ(KOMBUCHA)ですが、製造メーカーがアピールする健康への有用性に反して、近年のマスコミ報道や学術的報告はメーカーの主張に反する見解が多いようです。ここでは、コンブチャ(KOMBUCHA)の簡単な由来と健康成分に関して解説し、コンブチャ(KOMBUCHA)が本当にダイエット効果があるのか?について探ります。本当に健康に良くてダイエットに効果があるなら、言うことなしの逸品ということになりますね。さてさて真実はいかに?

「医師が本音で語る!コンブチャ(KOMBUCHA)にはダイエット効果はあるの?」の続きを読む…

ピュアネス酵素ドリンクの本音の口コミと効果!果たしておすすめ度は?

ピュアネス酵素ドリンクをご存知ですか?@cosmeカロリーサポートサプリメント部門で1位を獲得しているピュアネス酵素ドリンクは、40歳を迎えてから思い当たる原因もないままジワジワ体重が増えてしまった。という女性社員が社長に直談判して「酵素ダイエットチーム」を立ち上げ何度も試作を繰り返してようやく完成したという、酵素の量・質にこだわった酵素ドリンクです。
体内に不足する酵素を補うだけでなく、1食を置き換えることで体重減&スッキリが実現すると10代~50代まで幅広い層で話題になっています。

「ピュアネス酵素ドリンクの本音の口コミと効果!果たしておすすめ度は?」の続きを読む…

医師が解説!ファスティングダイエットとは?【科学的根拠を学術論文から確認できるものに限定】

ファスティング、日本語で言うなら断食ですね。

このファスティングは、古来より修行や治療の一環として行われてきましたが、近年ではダイエットの方法として注目されています。2014年に、たかの友梨ビューティークリニックのCMに起用されたスーパーモデルのミランダ・カーも、ファスティングを活用して美しさを保っているようです。ミランダ・カーは、ファスティングの1つである間欠的ファスティング(intermittent fasting:断続的にファスティングするという意味)を行なっているようです。

ファスティングに限らずダイエットで一番難しい点は、空腹感に打ち勝つということでしょう。ファスティングは断食ですから、正面から空腹感と対決しなければなりません。この空腹感を我慢するために、言い換えれば誰にでもファスティングを行えるように工夫されたファスティング法が、間欠的ファスティングなのです。間欠的ファスティングという言葉は、日本ではあまり馴染みがないようです。しかし、酵素ダイエットなどの置き換えダイエットも、間欠的ファスティングの1つであると言えます。

ここでは、実用的で継続しやすい間欠的ファスティングについて、その効果の科学的根拠や実際のやり方、注意点などについて解説します。ファスティングについては、根拠のない有用性や誤った知識も少なくないようです。そのため今回、ファスティングの効果効能として取り上げるものは、科学的根拠を学術論文から確認できるものに限定しています。健康的で効率的、かつ継続可能なファスティングができる手助けになればと思います。

「医師が解説!ファスティングダイエットとは?【科学的根拠を学術論文から確認できるものに限定】」の続きを読む…

現役医師が語る!ダイエットマジシャン玄米?食べるだけでダイエット!

ダイエットはつらい思いをしなければ達成できない!そう思うのが普通ですね。ところが、つらい思いをしなくてもダイエットができる食材に注目が集まっています。

それは難消化性全粒穀物(精製していない穀物)です。難消化性全粒穀物とは、精製されておらず消化吸収されにくい穀物のことです。難消化性全粒穀物は、健康に良くて長生きするという効果があるとして、世界的にも関心が集まっています。実際、難消化性全粒穀物を普段から継続的にたべることで、内臓脂肪がたまりにくくなってメタボリックシンドロームになりにくくなることが報告されているのです。

この難消化性全粒穀物の代表が玄米です。玄米には、数々の人体に有益な特性が知られています。ざっとあげても、体重減少効果、食後の血糖とインスリンの上昇を抑える効果、血管の拡張機能を改善する効果、脂肪肝を改善する効果、コレステロールを下げる効果、高血圧を改善する効果、ガンや心血管系の病気ならびにアルツハイマー型認知症になるリスクを下げる効果、酸化ストレスを軽減する効果などが報告されています。

そしてダイエットをしたい人にとって特に注目したい効果が、琉球大学の益﨑らにより世界で初めて明らかにされた、玄米の「高脂肪食嗜好性の軽減効果」でしょう。特別な努力をしなくても、ただ玄米を食べるだけでダイエットができることの分子栄養学的メカニズムを、益崎らは発見したのです。

ここでは玄米がダイエットに有効である理由と、玄米ダイエットの方法や注意点について、可能なかぎり学術的根拠に基づきながら解説しています。結論を先に述べるなら、玄米は食べるだけでダイエットが可能です。今までに色々なダイエット法を試しても成功しなかった人やリバウンドしてダイエットを止めてしまった人に、本当におすすめのダイエット法が玄米ダイエットでしょう。

少々むつかしい専門用語が出てくることもありますが、専門的解説を読み飛ばしても玄米ダイエットについて理解することはできるので、気軽に読んでくださいね。

関連外部リンク:各種TV・雑誌などのメディアで話題沸騰!『これが玄米!?』と誰もが驚く、もっちもちの玄米ごはん【寝かせ玄米ごはん(レトルトパック)】

「現役医師が語る!ダイエットマジシャン玄米?食べるだけでダイエット!」の続きを読む…