ダンガンロンパ3 希望編 感想 ネタバレ注意

最低な絶望編、最低な未来編から見ればよく巻き返してきたと言えるが…

やっぱりゲームダンガンロンパに出てきたキャラクターは魅力的だ

絶望編、未来編ともに江ノ島盾子も真っ青な絶望的できだった訳だが、希望編はかなり戻したほうだと思う。

それは結局アニメオリジナルの全く魅力のないキャラクターが一掃されてゲームに出てきた魅力的なキャラクターが登場したからだろうな。

やっぱりキャラの魅力って大事。

しかも、普段アニメを全く見ない私でさえ知っているようなキャラクターばかりだからな。

 

何をおいてもエバーフリーはよかった

それでもダンガンロンパとして出来がよかったとは言えないが、最後はエバーフリーで解決した。

色々もやもやしたしイライラしたけれど、エバーフリーを聞いたらなんだか許せるような気がした。

やっぱり音楽の力って偉大だと思う。

 

 苗木誠および狛枝の声優である緒方さんの歌でもよかったのだが、正直ダンガンロンパ3希望編はこの歌に救われたと思う。

天願は果たして間違っていたのか? 御手洗はそれでよかったのか?

アニメダンガンロンパ3は95%ほど全く評価できない作品だったが、残り5%評価できるところがある。

それはあの世?で江ノ島が言った「新世界プログラムだって洗脳じゃん」みたいなセリフだ。

そうだよなぁと思った。

そう思わされた後で77期による御手洗君説得。

御手洗君ゲームに出てこないから思い入れないんだよなぁ。

そして説得される御手洗君なんだけど、本当にそれでよかったのかな?

77期は少なくとも新世界プログラムのおかげで元に戻れた訳で、それがなかったらミリオンクラスの殺人者達な上、未だに絶望との闘いは続いていて、絶望は伝染する。

天願は手段としては意味不明だったんだけど、希望色に世界を洗脳するという目的の面では間違っていなかったようにも思う。

ただ、ダンガンロンパの根底は希望一色ではなく希望も絶望も抱えながら生きていくという点だったので、この結末自体は良かったと思う。

万代さん含め死んだ未来機関の幹部は浮かばれないが、完全に腐った組織だったみたいだし潰れた方がよかったのかも知れない。

そういった意味で、希望編は良かったと思う。

 

ただし2の余韻を完全に壊したのは許さない!

希望編の結論はよかったのだが、希望編そのものはないほうが良かった。

2の終わり方は最高だった。

新世界プログラムである意味脳死した連中を戻すための希望が元超高校生級の絶望達の中に芽生えたというのは最高だった。

でも、それから多分半年も経たないうちに77期のみんなが戻ってきてしまった。

そう「しまったんだ」

早すぎね?

そして、個人的には日向は日向のままでいて欲しかった。

カムクライズルではなく日向のままで七海に胸を張って欲しかった。

「何の才能もないってことは何にでもなれるってことなんだよ」

カムクラはあらゆる才能を持っているからこそ何にもなれない。

世をツマラナイと思うことしかできない。

でも、日向は違う。

違うんだ…

 

ゲームの登場キャラクターは全員例外なく生き延びた

よく考えると死んだのは新キャラだけなんだよな。

だからなんなんだって言われるとあれなんですけど

なんだか、ねぇ…

特に霧切さんはいくらなんでも都合よすぎないですか?

あの薬剤師は万能薬でも開発したのか?

どんな毒を注射されるかわからないのに事前に対策なんて練れないだろう!

とおもったけど、あの薬剤師と天願グルだったのかもな。

いずれにせよご都合主義であることは間違いない。

でも、霧切さんに死んで欲しかったかというとそうでもないのが辛いところだ

 

3なんてなかった。数ある嘘エンディングと同じなんだ

初代ダンガンロンパには、朝比奈さんが白夜と誠と葉隠の子供を産むというアナザーエンドが存在した。

これもそういったアナザーエンドの1つだと考えれば腹も立たない。

…嘘だ。

やっぱり腹が立つ。

スポンサードリンク