いい評判も悪い口コミも!敷布団エアウィーブ利用者の本音の口コミをチェック!

エアウィーブは、高機能・高反発マットレスのパイオニアとして、マットレスのみならず、布団、マットレスパッド等高い人気を誇っています。その中でもマットレスは、現在使用しているベッドのマットレスや布団に上から敷くだけという簡単な作業で、睡眠不足の解消、また腰痛解消等の効果が得られます。今回は、そんなエアウィーブマットレスの機能面を中心に評価し、口コミを交えて徹底解剖していきます。

エアウィーブ利用者の評判・口コミ

エアウィーブの悪い口コミ

年齢とともに、夜ぐっすりと眠ることが出来なくなってきました。体は疲れているのに、夜中に何度も目が覚めてしますのです。インターネットでいろいろと改善策を調べてみたところ、寝具を変えてみるのもひとつの方法だということがわかり、口コミ等を参考にし、思い切って購入してみたところ、寝心地は悪くはなかったのですが、冬場はとても寒く感じました。持ち運びが簡単なので、今では夏場のお昼寝用として使用しています。贅沢なお昼寝用マットになってしまいました。

エアウィーブ 45歳女性 65点

 

エアウィーブの良い評判

通気性がとってもよく ずっと同じところに寝ていても暑苦しくなりません!私は寝返りをあまりしないのでずっと同じ場所にいるのか 夜暑くて目覚めることがあります。夏や冬関係なくです。ですがエアウィーブにしてからそれが無くなりました。通気性がいいということは布団もカビないので嬉しいです。布団は1番清潔にしていたいので 通気性の良さは私にとって大切なポイントなので。柔らかいので1日の終わり リラックスできます!

エアウィーブ 28歳女性 80点

椎間板ヘルニアを患っているので、寝ている時の腰の負担が軽くなれば良いなと思い購入しました。使い心地ですが、体にフィットして体重が一点に集中する事なく寝る事が出来ています。今までは起きた時に念入りにストレッチをしないと起きる事が出来なかったんですが、エアウィーブを使用するようになってからすぐに起き上がる事が出来るようになりました。寝汗もかかなくなりました。睡眠の質が上がったみたいで仕事の能率も上がりました。

エアウィーブ 36歳女性 100点

ひどい腰痛持ちでしたが、エアウィーブを使うようになってからだいぶ改善されました。枕も同じエアウィーブにしてからは肩こりもほとんどなくなりました。購入当初はやや固いと思いましたが、エアウィーブの下にマットレスを一枚敷いて使えば問題ありません。夏は蒸れず、冬は温かいので一年中使えるところも気に入っています。睡眠の質が高まり、ぐっすり深く眠ることができるようになったので、朝目覚めたときに爽快感があります。

エアウィーブ 43歳女性 90点

ホテルに用意されていたのですが、寝返りが打ちやすい印象しかありません。なんと、いつも睡眠が浅いのにその日は1度も目覚めることなく朝になっていました。背骨三箇所を圧迫骨折してしまったので、寝返りのたびにストレスを感じます。エアーウェーブはそのストレスを自然な形で解消してくれたのです。睡眠って本当に大事な仕事。寝る作業が大変な私はいつの頃からか寝ることを仕事だと考えるようになっていました。まだ自分のものではありませんが、ぜひ使い続けたいと感じました。

エアウィーブ 59歳女性 98点

 

エアウィーブについて

まず、エアウィーブは、株式会社エアウィーヴが製造・販売している、メイドインジャパンのマットレスパッドです。素材を吟味すること、またディティールを突き詰めることにより、高次元のプロダクトへと結実させて行く、その過程から生まれた結晶の1つとされています。

腰痛への効果は?

腰痛への効果ですが、これは効果が出やすい方と出にくい方に分かれます。その理由として、高反発が合う人、低反発が合う人に分かれる為です。低反発マットレス、高反発マットレスのメリット、デメリット、適応しやすい人のポイントを以下の表に示します。

メリット

デメリット

適応しやすい人

低反発マットレス ・寝心地が良い

・体圧分散に優れる

・寝返りがしにくい

・通気性が悪い

・痩せ身の女性

・寝相が悪い

・姿勢が良い

高反発マットレス ・寝返りがしやすい

・通気性が良い

・腰部への負担が集中しやすい

・高度な変形(円背等)には合わない

・筋肉質の男性

・寝相が良い

・姿勢が悪い

エアウィーブの腰痛に対する特徴として、高い復元力を持った素材を使用することで、簡単に寝返りができること、airfiberを三次元状に絡ませることで、優れた体圧分散効果が得られること、素材の90%が空気であるため、高い通気性を維持できることの3つが挙げられます。
一般的な高反発マットレスは、寝返りがしやすいのが特徴です。特に、このエアウィーブは、その高い復元力により、普段寝返りが出来ずに起きてしまうような方には、このエアウィーブが有効です。
これらの特徴の反面、デメリットも存在します。ポイントとなるのは、素材の90%が空気であること、優れた耐圧分散効果の2つです。
素材の90%が空気であるということは、それだけ体の圧力に応じて沈み込む力が加わります。また、空気の含有量が非常に多いため、エアウィーブ自体も非常に軽量化されています。持ち運びという面では非常に便利ですが、その反面、普段使用しているマットレスの硬さに影響されやすくなります。つまり、普段使用していたものが柔らかければ、沈み込む力は増大し、硬ければ沈み込みが抑制されることになります。沈み込みが過度に生じることにより、寝返りがしにくくなり、長時間同一姿勢をとることになります。

「姿勢の変化による椎間板内圧の変化」Nachemson.A.L. The lumber Spine.an.orthopaedicchallenge.spine,1(1),59-71(1975)より引用

上の図は、それぞれの姿勢をとった際に、立位状態を100%として、第3腰椎の椎間板にどれくらいの負荷が加わっているかというものを示しています。注目して貰いたいのが、横向けで寝ていても、その75%もの負荷が加わっているという点です。つまり、寝ているだけでこれだけの負荷が椎間板に加わっていることになります。低反発マットレスで寝ていると、寝返りがしにくくなるため、絶えず75%の負荷が椎間板へと加わり続けることになります。この為、椎間板または椎間関節由来の腰痛が生じている方には、あまりオススメは出来ません。

次に、姿勢が良い人、悪い人が低反発マットレスに寝た場合のイメージ図を以下に示します。上は姿勢が良い人、下が悪い人になります。なぜ低反発で比較するかというと、エアウェーブのような高反発マットレスは、下に敷いているものが柔らかければ、それに合せて形を変えるので、低反発に近くなる為です。姿勢が良い人に比べると、悪い人の方が腰部のマットレスへの沈み込みが大きくなっている事が分かります。体圧が均等にかかるのではなく、姿勢によってその沈み込みが変化することが見て取れます。この為、寝た姿勢はもちろんですが、普段どういう姿勢をとっているのかで、マットレスが適応するかどうかを判断することにもなります。

以上のことから、エアウェーブは一概に腰痛に効果があるとは言えません。
特に、腰痛持ちの方で注意が必要なのは、腰痛に関係するのはエアウィーブではなくて、エアウィーブを支えるマットレスだということです。先述した通り、現在使用しているマットレスが姿勢を悪化させ、その結果腰への負担が増大し、腰痛となっている為です。エアウィーブは体圧分散により心地よい寝心地を実現し、負担を減らすことに主眼を置いています。この為、姿勢改善や腰痛を治すためのマットレスではないことに注意が必要です。

エアウィーブの評価

高反発マットレスとして人気を博しているエアウィーブですが、合う人、合わない人が分かれ、腰痛に関しては一概に効果が得らえるとは言えない評価となりました。
特にエアウィーブの使用で重要となるのが、現在使用しているマットレスです。柔らかければ柔らかいほど、腰部への負担が増大し、寝返りがしにくくなります。腰痛を悪化させる因子にもなりかねません。これらの結果から、エアウィーブ単独での効果というよりも、現在使用しているマットレスに合うかが重要となりました。エアウィーブとの相性が合わない場合には、それに合わせたマットレスの購入、若しくはエアウィーブの返品が必要となる可能性もあります。

エアウィーブを使用することで、直接的に腰痛の改善は期待できない結果となりました。しかし、今使用しているマットレスとの相性や、硬いマットレスとの組み合わせ方次第では、腰痛の改善効果も期待できます。しかし一概には、組み合わせの推奨を行うことが出来かねません。ご自身の寝相や、現在の寝具の特徴等を総合的に加味して、購入することが重要です。

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト