介護士のイメージのウソ・ホント 給料は安い?夜勤はきつい?

昔から「給料が安い・夜勤がきつい」といったイメージが強い介護士の仕事。ネガティブなうわさも、たくさん聞かれます。「でも、実際のところはどうなっているの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。そこで、介護士の給料や夜勤の実態調査から、介護士にまつわるイメージのウソ・ホントを検証しました。

「介護士の給料は最低水準」はウソ 職場と働き方が給料アップのカギ

とにかく薄給なイメージのある介護士ですが、毎日勤務していても生活できないほど給料が低い人は少数派のようです。厚生労働省の調査では、常勤の介護士の平均月収は27万円程度。非常勤の介護士は、15万程度の月収が平均値です。平均値は高めになりがちですが、それでも常勤で就職すれば、20万円前後の月給からスタートできるでしょう。決して高給とはいえませんが、他業種と比べて最低レベルというわけでもありません。サービス業で就職を考えているなら、「低賃金だから」と介護士の仕事を避ける必要はないでしょう。

給料アップを目指すなら、働き方と就職先の施設選びが重要になります。働き方は、常勤で就職する方が絶対に有利です。年々、常勤介護士と非常勤介護士の給与の差が広がっています。もちろん、常勤でも非常勤でも求められるケアは同じです。でも、施設に長く勤めてくれそうな常勤職員の方が給与水準が良くなっています。就職先の施設は、自治体や社会福祉法人が運営している老人ホームが高水準です。例えば老人ホームとグループホームでは、平均月収では5万円の差があります。「とにかく給料の良い職場に行きたい!」という方は、運営している法人と施設の種類に注目してみてください。

「介護士は給料が上がらない」はウソ ほとんどの施設で昇給あり

介護士は昇給が難しいイメージもありますが、実態とは違います。昔はある程度まで給料が上がると、それ以上は給料が上がらない施設もたくさんありました。でも現在は、ほとんどの事業所で勤続年数に応じた昇給があります。ただし、給料が上がりにくい施設と年々上がっていく施設があるのは確かです。老人ホームや老健などでは1年ごとに1万円弱の昇給があります。それに対して、デイサービスやグループホームでは2,3年に1万円程度の昇給が普通です。昇給という点でも、職場選びによって給料には差がつくようです。

「夜勤がきつい」はホント こんな施設はブラックかも

介護士といえば、きつい夜通しの夜勤。残念ながら、このイメージは本当のようです。日本医療労働組合連合会の調査では、多くの介護士が夜勤できつい思いをしていることが分かっています。多くの人が悩まされているのは、配置人数の少なさと、夜勤日の多さです。

夜勤の時の配置人数が少ないと、休憩が取れなくなったり、事故のリスクが高まってしまいます。就職先を選ぶときは、フロアに一人だけのワンオペ夜勤が常態化している施設は避けたほうがよいでしょう。

夜勤日が多くなりすぎると、夜勤明けの休みが増えて24時間休める完全な休日が少なくなってしまいます。特に夜勤日数に注意したいのは、3交代制の介護士です。3交代制の夜勤は、夜勤明けがそのまま休みに換算されてしまいます。つまり、夜勤日が多くなるほど、完全な休日が減ってしまうということ。せっかくの休みを寝て過ごし、遊びに行ってリフレッシュする機会が無くなってしまう人も多いです。3交代制の8時間夜勤なら月に9回、2交代制の16時間夜勤なら月に5回で赤信号。この目安を知っておきましょう。いざという時には、自分を守ることも必要です。

残念なことですが、介護士の夜勤はきついことが多いのが実態です。でも、少しでも良い条件で働けるような職場選びをしていきたいものです。①一人夜勤が常態化している、②夜勤日が多い、③夜勤明けの次の日は基本出勤、などは、避けたほうが良い事業所のポイントです。3つとも当てはまる施設では、過酷な夜勤が待っていると覚悟しておく必要があります。逆に、働きやすい事業所を見極めるポイントは、①夜勤者用の仮眠室や夜勤者の詰め所がある、②二人体制の夜勤、③夜勤明けの次の日は休める、などです。すべての良い条件を備えた施設はなかなか無いかもしれませんが、身体を壊してしまっては元も子もありません。できるだけ夜勤体制の良い職場を見つけて、長く勤めたいものですね。

スポンサードリンク