介護士の仕事がなかなか続かない時にチェックするべきこと3選

離職率の高いイメージのある介護士。一つの職場に長く勤められる人がいる一方で、いくつもの職場を転々とする人もいます。自分で望んで転職を繰り返す場合は、それも一つの選択肢。でも、一つの職場で長く仕事を続けたいのに、なかなか仕事が続かない時は、辛い悩みとなってしまいます。そこで、介護士の仕事が続かない状況を変えるためのチェック項目をご紹介します。

1.離職の原因は何か?

あなたが離職した原因は何でしょう?長く勤めようと思って就職するのに仕事がなかなか続かない。そんな時には、離職の原因を見つめ直してみる必要があります。退職時だけでなく、就職活動を始める時にも、もう一度離職理由を振り返りましょう。いつも人間関係に悩んで退職している、など共通した原因があることも少なくありません。 介護士の離職理由として多いと言われているのは、次のような理由です。給与面での不満、職場の人間関係の悩み、人手不足による負担増、事業所の方針と考えが合わない…。 今度こそ長く勤めたいと思うなら、離職の原因となることが発生しにくい職場を選びましょう。例えば、給料が不満で離職を繰り返してしまうなら、夜勤ありの仕事や、医療機関などの介護士を検討したほうが良いでしょう。施設などで職員同士の人間関係に悩んでしまうなら、ホームヘルパーなどの一対一で行う介護の仕事の方が向いているかもしれません。

2.休養をとってから転職しているか?

疲れているのに、仕事の切れ目がないように、次々と転職していませんか?無職の期間が無いように次の職場が決まった状態で退職したい!という気持ちを持っている人は多いでしょう。でも、介護士の場合、十分な休養をとってから転職する方が仕事が長続きする可能性があります。 介護士の仕事は体力的にも精神的にもハードです。仕事に全身全霊で取り組んで適切な休息が取れない日々が続くと、ある日、糸が切れたように仕事ができなくなってしまうことがあります。これは「燃え尽き」や「バーンアウト」と呼ばれている現象です。介護士や看護師などの人と関わる仕事には起こりやすいと言われています。介護の仕事は好きなのに仕事を続けられない、普段から真面目な人と言われているのに仕事だけは続かない、という時にはバーンアウトを繰り返しているおそれがあります。 次の職場でバーンアウトを起こさないためには、転職の前に十分休養することが必要です。介護士がバーンアウトを起こして退職する時は、心身ともに疲れ果てている状態です。仕事の切れ目がないように転職すると、またすぐに力尽きてしまいます。 バーンアウトしてしまうのは、介護士の仕事にやりがいをもって、一生懸命やっているからこそ。介護士としての自分に自信をもって、まずは身体をしっかり休ませましょう。

3.同じような事業所・勤務形態ばかりを選んでいないか?

老人ホームに勤めていたから、次の転職先も老人ホーム。そんな、同じような職場を転々とする介護士になっていませんか? 介護現場は常に人手不足。同じような職場に勤めることは、即戦力として就職しやすいメリットがあります。しかし、他の業態にも視野を広げることで、もっと自分に合っている職場が見つかる可能性があります。 3交代制や夜勤のイメージが強い介護の仕事ですが、意外と働き方は幅広いです。例えば、夜勤専従介護士は、夜勤のみで働き効率よく稼ぐことのできる仕事です。身体障害者の介助ヘルパーは、コミュニケーション障害がない人と関わる仕事です。訪問入浴は、常に複数人のチームで動いてケアを行います。働く時間・利用者さんのタイプ・一人で介護するかチームで介護するか、など色々な視点から仕事選びをすることができます。 仕事が続かない時は、一度経験したことがない業態の施設を見学してみるのもおすすめです。

仕事が続かない…それでも介護士が続けたい!と思った時は

厳しい勤務が多い介護士の仕事は、なかなか続けられないこともあります。それでも、介護士は公共性が高くやりがいがある仕事。「続けたい!」という気持ちがあるのに続けられないのなら、離職原因・心身の疲れ・働き方を見直してみると良いかもしれません。

スポンサードリンク