介護士の夜勤の始め方 給料の相場は?

 

介護士の給料アップ方法といえば、夜勤手当を増やすこと。 収入アップのために夜勤を始めたり夜勤専従介護士を検討している方は、多いのではないでしょうか。 でも、夜勤はキツイ?何をするの?という不安があるままでは夜勤を始められませんよね。 そこで、介護士の夜勤の仕事内容、夜勤手当や夜勤専従介護士の給料相場、夜勤を始める時のチェックポイントをご紹介します。

夜勤の仕事内容

介護士の夜勤は、大きく分けて2種類。勤務時間が16時間の夜勤と8時間の夜勤です。 16時間夜勤は、夕方の17時ごろから翌朝の10時ごろまで勤務します。 日勤からの引継ぎ、夕食の介助、就寝介助、深夜の巡回(オムツ交換)、起床介助、朝食の介助、日勤への引継ぎが一般的な流れです。 8時間夜勤は、夜22時ごろから翌朝の8時ごろまで勤務します。 遅番からの引継ぎ、深夜の巡回(オムツ交換)、起床介助が一般的な流れです。 16時間夜勤と8時間夜勤では、夜勤明け後の休日の扱いが違います。 16時間夜勤は、夜勤明けの次の日は休みになります。 つまり、夜勤入り→夜勤明け→次の日も休みの3日間でワンセットになります。 体力的な消耗は激しいですが、まとまった休日があるのがメリットです。 8時間夜勤は夜勤明けの日が休みとしてカウントされます。 夜勤入り→夜勤明け(休みとして計算)の2日間がワンセットになります。 つまり、次の日は勤務になる可能性があります。 丸1日の休みは取りづらいですが、体力の消耗は少ないのがメリットです。

夜勤手当や夜勤専従介護士の給料相場

法律で定められている夜勤手当の最低ラインは、通常の時給の2,5割増し。1回勤務あたり2500円くらいになります。 でも、実際に支払われる夜勤手当はそれより多いのが一般的。 夜勤手当の実際の相場は、1回勤務当たり5000円です。 日勤・夜勤ありの介護士は、ひと月に4~8回夜勤をしています。 ひと月の夜勤手当は、2万円から4万円が目安になります。 夜勤専従介護士の給料は、夜勤手当が含まれた時給や日給が支払われます。 求人にある給料にプラスして夜勤手当がもらえるわけではないので、注意しましょう。 夜勤専従介護士の給料の相場は、時給なら1200円~1500円。1回の夜勤で日給1万円台後半から2万円台です。 夜勤専従介護士の場合、3日がワンセットの16時間夜勤が基本となります。 ひと月には10回程度勤務できますから、フルタイムの月収は日給の10倍が目安になります。

夜勤を始める時のチェックポイント

給料アップが見込める夜勤ですが、体力的な消耗が激しい仕事です。 合わない環境では、夜勤を続けることができません。 その事業所の夜勤体制を、あらかじめチェックする必要があります。 主なチェックポイントをまとめました。 ・夜勤の時間は16時間か8時間か? ・16時間夜勤の場合、明けの翌日は公休になるか? ・8時間夜勤の場合、連続夜勤はあるか?夜勤明け早番はあるか? ・夜勤だけになるのは何時から何時までか? ・夜勤者は何人いるか(一人で何人見るのか)? ・仮眠室はあるか(休憩は確実に取れるか)? ・夜勤手当や日給は安すぎないか? 16時間夜勤と8時間夜勤は自分に合った方を確実に選ぶことが重要です。 その後、労働環境が過酷すぎないかどうかを確認しましょう。 特に、休憩時間が取れないワンオペ夜勤は過酷で問題になっています。 小規模施設だから楽、8時間だから楽、と思い込んでしまわないように気を付けましょう。

夜勤は介護士が給料アップできる手段の一つです。 夜勤の内容や、給料の相場を理解して、自分に合った条件の事業所を選びましょう!

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト