無資格と、介護福祉士の資格所有者の給料の違いは?

介護職と言えば、よく給料が安いと言われていますが、確かに平均年収が200~300万の人が多いと言われているので、他の職種と比べると給料は安いと言えます。
ただ、介護の場合は30~40代からの中途採用でも、働き先はたくさんありますし、福利厚生がしっかりしている会社なら、他の職種よりも給料が多くもらえるところもあります。
無資格で働き出して、給料をステップアップしたいと思った時に必要なのは介護資格です。

初任者研修、ヘルパー2級など取得しやすい資格を持っているだけでも、毎月資格手当てが3000~5000円ほど支給され、介護福祉士を所有していると、10000~15000円ほど支給される施設が多いです。
ですので、以前は実務経験3年が経過した人は、介護福祉士の資格を取得する人が多かったのです。
ただ、今年から受験資格の制度が変わり、資格取得までに、今までよりも時間と金額が倍以上かかるようになってしまいました。
その影響で、介護福祉士の資格を取得しようという人は少なくなっているようです。
金額だけで言えば20~25万ほどかかってしまうので、まとまった金額の出費は痛いですが、2年以上介護施設で働くのなら、介護福祉士は所有していた方が収入面でプラスになります。
また、収入面だけでなく、介護福祉士の資格を持っていると、転職にも有利です。
今はどこの介護施設も人手不足なので、求人もたくさんありますが、福利厚生のしっかりした大きな会社で働きたいのなら、介護福祉士を持っていた方が断然有利です。
30~40代になると、転職も難しくなると言われていますが、介護の場合は年齢は関係なく、経験と資格があれば、即戦力になるので、働き口にはまず困りません。
この先、ずっと介護関係の仕事をするつもりで、安定した給料を望むのであれば取得しておきたい資格です。

パートの場合は、介護福祉士はいらない?

社員で働く場合は資格手当てもそれなりの金額ですが、パートの場合はどうでしょうか?だいたいの施設は、時給が50~100円ほどアップするという場合が多いようです。
勤務時間や、日数によっても給料は違ってきますが、3000~8000円ほど資格手当てがつきます。
1週間に半分ほどの勤務しかない場合は、手取りも少ないので、パートで働くほとんどの人はわざわざ介護福祉士の資格は取らなくてもいい、と考える人が多いようです。
パートで働いているのは、忙しい主婦の人が多いので、資格取得の研修に行く時間がないというのも理由の一つのようです。

スポンサードリンク