資格や学び、メリットなど!介護士のスキルアップとは?

介護士でどのようなスキルアップを考えていますか?これからも介護の仕事に従事するなら介護テクニックや知識を増やしたいですよね。介護の仕事は無資格でも働くことができるので
すが資格がないと働ける場所が限られますし、給与もそれなりになってしまいます。スキルアップ(資格取得も含む)することで給与もアップして生活が安定します。また介護の知識・
スキルが増えることによってスムーズに介助ができるようになるので仕事のやり甲斐や楽しさも増えますよ。今後のキャリアに絶対に役に立つ介護士のスキルアップについてお伝えしま
す。

介護士が絶対取るべき資格は介護福祉士

介護に関する資格はたくさんありますが、スキルアップをしながら介護士として仕事を続ける気持ちがあるのなら介護福祉士は絶対に必須の資格です。というのも、介護の資格で唯一国
家資格であり、昇給や賞与や手当にも大きく関わってくる資格だからです。介護福祉士があれば日本のどこでも働けますし、国も介護福祉士を介護の重要な資格と位置づけています。こ
れからは介護福祉士の資格がないとキャリアアップは難しくなります。ですので未取得なら今すぐ取得のための計画を立てることをオススメします。

介護福祉士はどうやって取得するの?

介護福祉士を取得するには3つの方法があります。それは実務経験の方法、福祉系高校の方法、養成施設の方法です。

一つ目の方法は実務経験の方法です。介護業務での3年間以上の実務経験に加えて、介護職員実務者研修の受講することで受験資格が認められ、試験に合格すれば取得できます。
二つ目は福祉系高校の方法。福祉系特例高等学校を卒業し、国家試験に合格することで資格取得できるルートです。
三つ目は養成施設の方法。四年制大学、短期大学、専門学校などの指定の介護福祉士養成施設を卒業することで介護福祉士資格が取得ができる方法です。

この中で人気な方法は一つ目の実務経験の方法です。というのも働きながら経験を積みながら資格を取得できるので、この方法で多くの方が取得しています。

介護福祉士以外の資格はとったほうがいいの?

・ケアマーネジャー(介護支援専門員)

・介護職員初任者研修

・介護職員実務者研修

・同行援護従業者養成研修

・行動援護従業者養成研修

・移動介護従事者(ガイドヘルパー)

・レクリエーション介護士2級

・喀痰吸引等研修

・難病患者等ホームヘルパー

・重度訪問介護従業者

・介護予防運動指導員

・福祉用具専門相談員

・介護事務

・高齢者コミュニケーター

・認知症ケア専門士

 

このように介護福祉士以外にも介護資格はいろいろありますがどんな資格がキャリアアップにつながるのでしょうか?資格は分野ごとに細分化されていますので、自分の得意
分野や担当している職種に関連する資格を取得することでさらにスキルアップできます。

現場よりもケアプランを作成して生活全体を見ながら介護支援をしたいのであれば迷わず、ケアマネージャーがおすすめです。介護保険全体の知識が身につきますし、利用者と家族の間
に立って、介護の知識を活用しながら生活を支えることができます。興味ある分野の資格を取ることで自然とスキルアップできます。

資格に頼らない介護士のスキルアップとは?

資格取得だけがスキルアップの方法ではありません。資格に頼らずにスキルアップする様々な方法をお教えします。

・書籍で学ぶ
・ネットで学ぶ
・セミナーに参加する
・現場で学ぶ

・書籍で学ぶ

図書館で介護関係の本を借りればお金を書けなくても介護の勉強はできます。基本的な移乗や食介などで分からないことがあれば写真や図解ですぐに学ぶことができます。介護関連の書
籍は高額のものが多いので給料の高くない介護士にとっては無料の学びは嬉しいですよね。

・ ネット で学ぶ

ネットで最新の介護情報を調べることができます。最新の認知症研究の成果や福祉用具の情報などあらゆる介護情報をみることができます。また、ユーチューブの介護動画で基本的な介
護技術も学べますので介助方法に迷ったら分かりやすい動画で学習できます。最後に注意点ですがネットの情報は誰でも自由に投稿できるので信頼性に疑問が残ります。調べた情報が必
ずしも正しいとは限りません。情報そのものが古かったり、虚偽の情報であったりします。ですからその情報を扱う場合(利用者に試してみる等)は情報の信頼性を確認する必要があ
ります。

・セミナーに参加する

各自治体で介護職員対象にセミナーが開催されているのでこれに参加するとスキルアップできます。介護士は医療的な知識や経験が不足がちなので看護師や医師が講師のセミナーを受けることでさらにレベルアップでき、利用者の急変時や体調不良時にも落ち着いて対応できます。それからセミナーでは、職場以外の人と知り合うチャンスです。他の職場のやり方などスキルアップに参考になる情報を聞くことができます。

・現場で学ぶ

わからないこと、迷っていることは現在働いている職場の先輩や同僚、リーダーに聞くことで解決できることが多いです。しかし、すぐに聞けば分かることも仕事が忙しかったり、プライドが邪魔するとなかなか聞けずそのままで放置することもあると思います。そして、相談・質問しなかったばっかりに、忘れたころ・・・利用者の生命を危険にさらすミスをしてしまうことも・・・。レベルアップだけでなくリスク回避のためにも積極的に質問する姿勢は非常に貴重です。利用者の生命を危険にさらさないことはもちろん重要ですが、それに加えて自分を守ることが大切です。もし、利用者を不注意の事故で死亡させてしまったら、責任を取らないといけません。最悪の場合、家族から訴訟を起こされる危険性もあります。団塊の世代が介護される時代になってきましたので、前の世代よりも権利意識が非常に高いです。今までは「お世話になったから訴えるなんて・・」の意識から「施設側・介護士側に責任があるなら訴えます!」という意識の変化が出てきました。いくら責任があっても何千万円もの賠償金を払うのは厳しすぎますよね。自分の身は自分で守る時代になりました。

介護士のスキルアップのメリット

介護の知識やスキルがアップしてくると仕事のストレスが減ります。これはスキルアップの大きなメリットです。まず一つ目は精神的な負担軽減です。認知症者に対する知識が増えると利用者を多角的に見ることができるようになりますので、利用者とのコミュニケーションでひどいストレスを感じることが減ります。というのも認知症の理解が深まったり、バリデーションの知識が増えると、認知症の方が「どのように感じているのか?」「なぜ攻撃的になるのか?」というメカニズムが分かるからです。認知症の方の心の裏側が理解できないうちはついつい介助中に感情的になって非常に疲れた経験をお持ちではないでしょうか。しかし、心理を理解し受容できるようになるとケア中も感情的にならずにすみます。感情のストレスは肉体ストレス以上のダメージを身体に与えますので病気やうつの原因となります。したがって自分の健康を維持するにも知識のスキルアップは必須なんですね。

二つ目は肉体的な負担軽減のメリットです。介護士の仕事は腰を酷使するので腰痛持ちの方がたくさんいらっしゃいます。腰バンドは介助に必須ですし、腰は働く介護士にとって一番重要な部分ですよね。腰がやられてしまえば仕事になりませんし、腰痛が悪化すると最悪、転職を考えなくてはならない事態も起こりかねません。しかし、技術的にスキルアップすると移乗やおむつ交換や入浴などの介助がスムーズにできるようになります。ベッドから車椅子への移乗はちょっとした力の入れ方で腰への負担は激減します。疲労の仕方がまったくかわってきます。できるだけ体に負担の少ない介助を行うことは自分を守ることにつながりますし、利用者にとっても介助者に余裕があればそれだけ安心して生活をスタッフに任せることにもつながりますので、利用者の満足度がアップします。

最後に介護の知識や技術のスキルアップは給与アップの近道でもありますし、また、自分の身体やこころも守ってくれる頼もしい存在です。職場の人間関係で悩んでしまってどうしようもなくなっても、介護スキルがあればいくらでも他の事業所で仕事ができます。スキルアップすることで損することはありませんので、自分の短所長所を考慮しながら技術を磨いていきたいですね。スキルアップは利用者のためにも自分のためにも役に立ちます。

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト

管理人が運営している教育系サイト