いまさら聞けない!? 光コラボって何? お勧めのFVNOは?

 

あらゆることが分かり難い通信業界。

格安スマホ、キャリアスマホ、MVNO、etc

いつだって消費者は置いてけぼりを喰らっていますよね?

私も常に置いて行かれています。

代理店や窓口に行くと、いつのまにかいらないオプションなどをつけられていることって結構あると思います。

と、いうことで今回は「光コラボ」に関する記事を書いて行こうと思います。

光コラボって何?

 

光コラボというのは、簡単に言うと「フレッツ光」の回線を他の企業に卸すことを指しています。

光コラボこと光コラボレーションが始まったのは2015年2月の話。

ご存じの通り、NTTは全国に通信網を持っています。

固定電話回線は勿論、インターネットに使用する光ケーブルもNTTの持ち物なんですね。

この形態は、格安スマホのモデルと非常によく似ています。

格安スマホの構造は、NTTdocomoやauの持っている回線を各格安スマホ会社(MVNO:仮想通信業者)に卸していることで、消費者が格安に媒体を利用できる構造です。

光コラボもこれと同じように、NTT東日本とNTT西日本の光回線をFVNOと言われる業者に卸すことで、従来よりもサービスの向上などを可能にさせたサービスであると言えます。

MVNOに比べてFVNOというのは聞きなれない言葉であると思います。

FVNOは「Fixed Virtual Network Operator」の略で、仮想固定通信事業者と呼ばれます。

その構造は基本的にMVNOと同じです。

 

光コラボはフレッツ光とは違うの?

 

根幹的な部分での違いはないと言ってもよいでしょう。

回線はNTTのものを使いますので。

ただ、格安スマホが業者によってサービスが違うように、光コラボも業者によってサービスが異なります。

なので、別物と言えば全く別物ということもできてしまいます。

この辺りが混乱のポイントですよね?

ものすごく簡単に両者の違いをまとめると、

 

・フレッツ光は窓口が2つになるが、光コラボは窓口が1つになる

 

ということが言えます。

まだまだ少し分かり難いので、先に光コラボのメリットデメリットから見てみましょう。

 

光コラボのメリット

 

  • 契約とサービスの窓口が一つになる
  • サービス提供企業の独自サービスが受けられる

 

プロバイダーに問い合わせてみたら、なぜかたらいまわしにされたことはありませんか?

私はあります。

NTTに問い合わせているのに、「それは代理店に確認お願いします」と。

???という感じでした。

NTTのことなのに、NTTが分からないってどういうこと?

そもそも論において、NTTとプロバイダって何か違うの? と言った感じですよね?

この辺りは少しややこしいことになっていまして、ややこしさの原因が、

 

・独占禁止法とNTT法

 

です。

この国の独占禁止法は基本死んでいますが、一応民主国家であり自由主義経済を標榜している以上、一社独占はまずいのですね。

通信に関して言えば、基本的にはNTTが圧倒的に強いのですが、その強さ故に規制が存在します。

それがNTT法です。

NTT法によってNTTはプロバイダ事業を行うことができません。

なので、回線と各家庭をつなぐ役割のプロバイダが必要だった訳ですね。

プロバイダにはソニー系のSo-netやNEC系のBIGLOBE、@niftyなどの会社があります。

OCNやぷららはNTTグループですが、本体ではないのでOKという解釈です。

いまいち納得できないですが、基本的にこの国の法律は弱者には強く、大企業には弱くできています。

本当にありがとうございました。

それはさておき、実は今挙げたプロバイダは、全てMVNOとして格安スマホ業界にも参入していますね。

なので、後述しますが、全て光コラボにも参加しています。

話を元に戻しますと、NTT本体はプロバイダ業を出来ないため、そういった部分に関してはプロバイダに直接問い合わせる必要がある訳なんですね。

しかし、光コラボが始まったことによって、それぞれの業者が独自サービスとして提供を始めることができるようになったため、そういった煩わしいことはなく、窓口を一本にすることができるようになった訳です。

これは、NTT東日本とNTT西日本が、工事や修理と言った部分にのみ関与することで可能になりました。

そのことに付随して、各業者の独自サービスなども受けられるようになったため、ユーザーの利便性は高くなったということが言えそうです。

 

光コラボのデメリット

 

  • サービス提供元によってサービスの質が違う
  • 電話番号の引き継ぎに注意
  • サービスの複雑化

 

良い面でもあるのですが、各企業によってサービス内容が異なる為、選択する際には注意が必要です。

また、固定電話を使っている場合には、電話番号がそのまま引き継ぐことができるかどうかを確認する必要があります。

そして何より、ただでさえ複雑なサービス内容が更に複雑化してしまうというデメリットが生じてしまいます。

選択肢が増えて自由になる分、逆に選択するのが難しいという現象が最大のデメリットになっている訳ですね。

 

FVNO一覧

 

光コラボに参加しているFVNO(固定通信事業者)一覧をまとめてみました。

*現在お勧め度等は精査中です。随時追記していく予定です。

 

 事業者名  お勧め度  評判を知りたい方用リンク
 OCN光   ⇒評判・口コミ
 Nifty光
 ⇒評判・口コミ
 So-net光
 ⇒評判・口コミ
 excite光
 ⇒評判・口コミ
 ソフトバンク光   ⇒評判・口コミ
 ドコモ光
 ⇒評判・口コミ
 ぷらら光
 ⇒評判・口コミ

 

 

スポンサードリンク