知っておきたい!ノートパソコンを選ぶ基準

keyboard-338507_1920

 

年末になると、ボーナス商戦の影響でノートパソコンが一気に新発売となります。

いざノートパソコンを買おうと思っても、一体どれを買えばいいのだろう?

そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

実は私がそうなんです。

詳しい人はいいけれど、知識のない人間にとって所謂デジモノは鬼門ですよね?

本来、スマートフォンをはじめとした通信系端末が苦手だった私ですが、色々と調べているうちに少しは詳しくなってきました。

でも、相変わらずPC関連は全然ダメです。

と、いうことで、今回はノートパソコンに詳しい方に記事を書いてもらうことにしました!

こんにちは。 この度「ノートパソコンを選ぶ基準」の執筆を承りましたf・gと申します。本日はよろしくお願いいたします。

さて、ノートパソコンを買おうと考えているけども、どのノートパソコンを選んでいいかわからないという方がいらっしゃると思います。 今回はノートパソコンを選ぶ時に何を見て選べばよいかというのを紹介します。
まず大切なことは、ノートパソコンを何に使う予定かという点です。

Word?

ウェブページ閲覧?

CDの取り込み?

YouTube?

ゲーム?

動画編集?

 

今挙げた例は一部ですが、パソコンには様々な使い方があります。まずはあなたが何にノートパソコンを使うかを考えてみましょう。パソコンを買ってやることが1つだけというのは少ないと思います。何に使うかをまず上げてみて、それが全部こなせるパソコンを購入するのが失敗しないパソコン選びのポイントです。

 

CPUとメモリ

 

パソコンの性能を表すのにこの2つはよく使われます。簡単な説明をしますと、CPUはパソコンの頭脳、メモリは一度に扱えるデータの大きさです。 パソコンはスマートフォンと違い、同時にソフトを起動し操作することが出来ます。例えば、音楽を再生しながらWordで文章を書いたり、CDを取り込みながらYouTubeで動画を見ることが出来ます。なので、先ほど確認した用途をいくつか同時にこなせるパソコンを選ぶのがおすすめです。 現在のCPUの主流はintelのCore iシリーズです。i3、i5、i7と種類があります。数字が上がると性能が高くなり、長い処理が高速になったり同時に何かをする時に重くなるということが少なくなります。各種類のメリットやどれ位使えるかを書きますので参考にお選び下さい。

 

i3は性能はあまり高くありませんが、安価かつ省電力です。Wordを始めとしたMicrosoftのOfficeやインターネットを見たり、動画サイトで動画を観るのに問題はありませんが、これらを同時にいくつもとなってくると、カクカクしたり快適にパソコンを使えなくなってきます。インターネットを見るだけやOfficeのソフトを使うだけといった方におすすめです。

 

i5は中価格帯~高価格帯のパソコンに搭載されていることが多いです。パソコンの動作も早く、同時に数個の作業も快適にこなすことが出来るので、がっつりパソコンを使うという方におすすめです。

 

高価格帯のパソコンに搭載されているi7はi5よりも更に性能が高いCPUです。しかし、動画の再生やインターネットを見る程度では性能を持て余してしまうので、初歩的な動画編集など高性能のパソコンが必要という場合以外は選択肢から外すのをおすすめします。 また、i3の下にCeleronというCPUも存在しますが、性能が低いためインターネットを見るだけという場合でも出来る限りi3を搭載したパソコンを購入されることをおすすめします。

 

次にメモリの話です。一般的なノートパソコンのメモリは2GB,4GB,8GB,16GBのどれかとなっています。メモリが少ないパソコンでは複数のソフトを起動している時などにメモリ不足に陥ってしまいます。メモリ不足の場合は一度ハードディスクにデータを移してメモリを空けるという動作が発生するので、結果的に動作が遅いと感じるようになってしまいます。

パソコンを選ぶ時には是非最低でも4GB、予算に余裕があるのでしたらそれ以上のメモリを搭載しているパソコンを購入されることをおすすめします。

 

ストレージについて(SSDとHDD)

 

パソコンのファイルや音楽データ、動画データといったデータを保存するのがSSD(ソリッドステートドライブ)やHDD(ハードディスクドライブ)と言ったストレージと呼ばれる装置です。

SSDは読み込みや書き込みが速く、衝撃にも少し強く更に重量が軽いといったメリットがあります。しかし、価格が高い上に大きくても512GBまでのSSDが一般的です。

HDDにはSSDのようなメリットはありませんが、1TBや2TBといった大容量の選択肢がある他、安いというメリットがあります。

もし写真や音楽、特に動画ファイルをパソコンで管理するつもりなのでしたら大容量のSSDやHDDをおすすめします。

CPUやメモリ、ストレージさえ決めてしまえばかなり選択肢は絞り込めるはずです。インターネットでパソコンを購入する場合でも、家電量販店で購入する場合でもこの3つはしっかりと商品名や説明に書かれています。後は色やサイズ、重量で気に入った物を購入すれば失敗しないノートパソコン選びが出来ると思います。

ゲーム用途や高度な編集ソフト、3DCGなどにノートパソコンを購入しようと考えている方は注意が必要です。現在流行りのブラウザゲームや2Dゲームではi5程度のパソコンで十分なのですが、3DゲームやオンラインゲームとなってくるとCPUに内蔵されている映像出力機能だけでは不十分となり、映像出力にグラフィックボードと呼ばれる物が内蔵されているパソコンを購入する必要があります。その場合はゲーム用ノートパソコンやクリエイター向けノートパソコンを購入することを強くおすすめします。 また、高いスペックを要求するゲームやソフトなどは、公式サイトで推奨環境が公開されている場合がほとんどですので、目を通して推奨環境を満たすノートパソコンを購入することをおすすめします。

持ち運びが出来て場所を選ばないノートパソコンは非常に便利ですので、買ってから「もっと良い物を買えばよかった…」とならない満足のいくパソコン選びをしましょう。

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト