iOSとandroidって何が違うの?

これまたよく聞く言葉ですけど、一体何が違うのでしょうか?

 

iOSもandroidもOS(オペレーションシステム)の呼び名で、iOSは元々iphone OSという名前であったことからもわかるとおり、アップル社が開発したOSで、iphoneやipod,ipadなどに使われています。

対してandroidはグーグルが開発したOSのことで、格安に限らず、ほとんどのスマホにおいてはこちらのOSが使われています。

両者の違いについては、さまざまな議論がされておりますが、性能に大きな違いはないようです。

当初はiOSが大きくリードしていたようですが、androidの性能が大幅に上がってきており、今はその優位性はないという意見がほとんどです。

細かく見て行くと、iOSはバックアップが簡単にでき操作も簡単、androidはカスタマイズが自由にできると言った長所があるようです。

日本でのシェアはiOSの方が大きいですが、世界シェアでみると80%以上がandoroid端末を使用しているようです。

実はこの2つ以外にもマイクロソフトのwindows phoneやアクセンチュアのSymbian OS、クアルコムのBrew MP、ブラックベリーのBlackBerry、Linux FoundationのTizenなどがありますが、日本人にはあまりなじみがないですね。

 

2014年10月にはAndroid 5.0 Lollipopが公開され、その6日後にはiOS8.1が公開。

かつてのベータとVHS競走を彷彿とさせるような様相を呈していますが、一部のマニアックな人間以外の一般的なユーザーにとっては正直どちらのOSを使っても差はないと思います。

むしろ、OSの部分のandroid○の数字の部分が重要かも知れません。

現在の所、多くの端末はandroid 4.4を使用しておりますが、最新型はandroid 5.0を使用しています。

2015年3月には、グーグルは「android5.1」の存在を発表しており、これ以降5.1が標準的な搭載になることが予想されます。

格安スマホ端末は日進月歩の成長を遂げており、日々基準があがっていますね。

スポンサードリンク




管理人が運営しているサイト