少年ジャンプ2019年第4・5号合併号

今現在、これ以下はないってぐらいに落ち込んでいる。

あと少しでこの世からの卒業を選択してしまいそうなぐらい・・・

2018年はすさまじい年だった

かつて過労で倒れて指一本すら動かせない時があったが、それさえ大したことがないように思えるような年だった

まだ終わっていないけれど、無事に今年を乗り越えることができるのだろうか?

もはや全く自信がない

鬼滅の刃 第140話 決戦の火蓋を切る

しのぶさんが生きて帰れるビジョンが見えない…

明らかに柱最弱な上に最強クラスの鬼が相手って・・・

上弦の1は誰とあたるんだろう?

3は炭次郎と義勇だろうな

トキトウ君ひめいじまさんコンビが有力かな

この2人が束になっても倒せない絶望感はすさまじいだろうからな

このコンビがまさに鬼殺隊最高戦力な訳で、これが通じないとどうしようもない

不死川兄もフラグが立っている感がある

ゼンイツの言うあいつも気になる

ワンピース 第928話 花魁小紫登場

もはや少年が読む話じゃねぇ!!

この花魁は今まで出てきたどの悪役よりもリアルだ

ドン・クリークとかもリアルだったけど、もはや次元が違う

反発覚悟で言うと、これが女性のリアルだ

女性にとってすべての男は替えが効く消耗品に過ぎない

女性は残酷なのだ

非モテコミットなる言葉がある

一人の女性にアタックし続けると失敗するが複数の女性にアプローチすると成功率があがるというものだ

悲しいかなそれは事実なのだ

ドクターストーンでも触れられていたが、男であれ女であれ自分のものだと思った時にはそれほどの価値は感じない

が、手に入らないものには大いなる価値を認める

一途な人間は捨てられやすい

女性にとって、自分のいいなりになる男ほど価値を感じない存在はないものなのだ

なのでもしこの花魁が悪であるならば、すべての女性が悪だと言える

いわば普通の女性だよ

少年の時からそのことを知っていれば、もう少しいい人生があったのかも知れないな…

女性は追ってはいけない

相手を大事にしようとすればするほど相手の気持ちは離れていく

そのことを義務教育で教えるべきだ

アクタージュ

今週短くないか?

実体験を演義に昇華するって大変だろうな

人には優先順位ってものがあって、仕事が1番という人間もまぁまぁいる

そしてそれがあまりにも過ぎる人間がいる

領域は違うけどエジソンやチャップリンがそうで、エジソンは確か妻の顔を忘れてしまったんだよな

そういう人間が大成功を収める訳だけど、それが良いことなのかはわからないね

ドクターストーン

ゲンの言ったことはわりと体験している人も多いんじゃないかな?

今迄どんなに推してもダメだったのに引いた瞬間に相手の態度が変わってしまうこと

相手の価値が自分の中で下がった瞬間に、客観的な面でうまくいってしまうこと

そういうのは体験しない方が絶対に幸せだ

今は気軽に男女が会える時代になってきた

SNSやマッチングアプリがある

だからこれがダメでも次がある

そう思うと相手への価値はどんどん下がっていく

でも、もう次にこんな相手と巡り合えることはないと思うと、今度は相手の中で自分の価値がどんどん下がっていく

こんな螺旋の中で苦しんでいる奴も多いんじゃないか?

まぁ、私のことだけどね

火ノ丸相撲 第223番 鬼丸国綱と草薙剣、昇華

イップスの問題はかなり深刻だよな

人間って精神の生き物だからさ

なんにしてもようやく鬼丸が鬼車をうてるようになったか

ようやく復活した感じがあるな

スポンサードリンク