進撃の巨人第115話 支え

進撃の巨人を読むのが段々辛くなってきたな

リヴァイは生きてる

リヴァイは生きているんだろうな。でなきゃハンジさんがリヴァイを連れて逃げるわけがない。

けど、正直団員を統制できていない段階でハンジさんは調査兵団団長としては失格だろう。

エルヴィンが生きていればと思うのは、調査兵団だけじゃないだろうな

残念ながらエルヴィンはもういない

いても、ベルトルトと同化してしまっていたんだろうか

リヴァイが生きていたとして、今や的確な指示の出せる人物がいない

リヴァイを活かすにはどうすればいいか?

それを考えられる人間がいないのだ

リヴァイは巨人化実験の副産物であるからして、超回復力も持っているんだろうな

ミカサが骨折後すぐに腹筋してたのは、その回復力のゆえか

しかしなんというか、今となってはあらゆる考察が無駄になってしまっている感じがする

「道」という超常現象が出てきた以上、ミステリーとしては破綻してしまったからな

密室トリックの謎が超能力者でしたではミステリーは成り立たない

ユミルがジークを助けた?

としか考えられない。

でもそれがなぜかは分からない。

ユミルは、自分の民が生まれてこなければよかったと思っているのだろうか?

エレンは本心を語っているのだろうか?

「それは、俺がこの世に生まれてきたからだ!」

というのは、進撃の巨人における名シーンの1つだ。

そのエレンが「生まれてきたことが最大の不幸」と言うのは違和感がある。

というより受け入れられない。

エレンが今月ジークに語ったことは、果たして本心なんだろうか?

我々の知っているエレンは、もういないのだろうか?

本当に、ユミルの民を消滅させるために全力を尽くしているのだろうか?

だとしたら、こんな悲しい展開ってないよな